こんなこともあるんだ・・・(ショック

懸賞 2005年 11月 24日 懸賞

『いいも~ん、これ以上わたちをほっとくんだったらグレテやるでし・・・じぃ~っ・・・』

こんな目で非難されたら、さすがにこれ以上ココを無視できない。
少し体調も戻ってきたので、ココをドッグランに連れて行った。
ま、どちみちここ数日はずっと雨続きで、行きたくても行けなかった訳だが・・・。

早めに出て、早く帰ろうと家を5時半に出た。
しかしタクシーがなかなかつかまらず、結局ドッグランに着いた頃には午後6時を回ってしまったが、それでも1番乗りだった。

少しして、♂のシーズーがやってきた。
しかし後続がなかなかなく、ココはおとなしいシーズー1匹ではちょっと物足りない様子だ。
それでも6時半を過ぎた頃から、いっきに人(犬)が増え始め、賑やかになってきた。

ここでお友達になった日本人のRちゃんもわんこを連れて登場。
Rちゃん一家のいつもの3匹(ハスキー、ブルテリア&ラブラドール)もやってきた。
先にわんこ達が入ってきて、ボードに名前を書きにやってきたRちゃんに”こんばんわ・・・”と挨拶をしようとした途端、”がうわうわうっ!” ”きゃ~ん”と言うわんこのするどい悲鳴が・・・。

振り向くとRちゃん家のハスキーがシーズーの首根っこをパックリ!
(`□´ノ)ノ ひぇぇぇぇぇー

すぐにシーズーの飼い主のおじさんや、Rちゃん達が2匹を離そうとするが、シーズーの悲鳴は止まらない。
ハスキーの口をこじあけようと大人3人が躍起になり、シーズーの飼い主はシーズーの身体を抱き抱えながら持っていた新聞でハスキーの鼻先を思いっきりバシバシ叩く。
Y(>_<、)Y ヒェェ~!

ハスキーがシーズーを離すまで軽く1分はあったんじゃないかと思うほど、長く壮絶な闘いだった。
それでも幸運なことにシーズーは思ったほどの重傷ではなかったようだ。
Rちゃんは真っ青な顔をして涙ぐんでシーズーの飼い主に何度も謝っていた。
もしその後何かあったらと自分の連絡先も書いて手渡していた。

”うちがここに通うようになって長いが、こんなことは初めてだ”と飼い主のおじさんは言っていたが、Rちゃんちのハスキーはココとも仲良く、とてもおとなしい子である。
一体なんでこうなったのか???
とにかく、あっという間の出来事でこちらはただただびっくりするばかり。

”良かったわ、シーズーは長毛だから軽症で済んで~”
メンバーの一人のおばさんが胸をなでおろして言う。

『え?じゃココはどうなるのよ?』

思わず聞くと、その場は大爆笑の渦に。

『大丈夫よ~!だってココはいつも服着てるじゃな~い、あははは~』
『あっ、あは、あはは・・・、そっか・・・・』

ってその場はつられて笑ったが、”大型犬の強靭な犬歯”に”特売999円の綿のシャツ”がいったいどこまで耐え得るのか・・・・(泣

これからは気をつけた方がいいな、やっぱ・・・。



- 写真今日のココ -

『わたち、今日は虫の居所が悪いでしよ・・・むっすぅ~~~~っd0051641_16243397.jpg(怒』
[PR]

by marky275 | 2005-11-24 23:21

<< どこまで強情か?   続 不調 >>