ヒート・アップ?

懸賞 2005年 12月 11日 懸賞

日を追うごとにココのヒートはどんどん大事になって来た。

身体が小さいから出血も大した事ないかと思っていたら、どんどん”桃ちゃん”は腫上がり、床には血が点々と・・・。
メスのヒートを初めて体験する我々は事を甘く見ていた。

慌てて”パンツ”を穿かせる(似合わないんだお、これが!)も、あっという間に汚れてしまう。
しかも替えのパンツはない。
当然だ。
1枚しか買ってなかったんだから・・・。
ウェット・ティッシュを持ち、ココの後をついて歩く。

いや、まいった・・・(泣
Markyの服もすぐに血の染みがついてしまうし、ベッドシーツもここ数日毎日洗濯である。
一体いつまで続くんだろう・・・・。ほ~っ・・・


さて、である。
昨夜、ダンナから電話があった。
”どうした~?なんの連絡もないけど~?”
なんだかいやに嬉しそうだ
ダンナは”100%落ちたな”と思って電話してきたのである。

合格したことを伝える。
『ええ~~~~っ!!本当に?冗談抜きで?マジ?ホントにホントに???』
何回おんなじ事聞くねん!( ̄へ ̄メ)ムっ!

しかも最後にはこうまで言ってのけた。
『日本人の人が裏で手まわしてくれたんじゃないのぉ~?』

うぬれ~っ!(ノ`⌒´)ノ ┫:・'.::・┻┻:・'.::・

これはあくまでも”Singapore Traffic Police”の国家試験である。
そんな事できる訳がない。
ま、4回目やっと受かったヤツには言わせておこう。
ふふ~ん!<( ̄^ ̄)>


- 写真今日のココ -

『ま~くん、返すでしっ!それはわたちのでしぃ~っ!』
またやってんの、アンタたち・・・( ̄- ̄)呆れ・・・d0051641_17334748.jpg
[PR]

by marky275 | 2005-12-11 17:10

<< オーチャード・でびゅ~♪   ふふ~ん、一発合格~♪ >>