旭山動物園②

懸賞 2007年 01月 12日 懸賞

さて、次なるあざらし館ではあの有名な細い円柱水槽(マリンウェイ)を”ぬお~っ”と上がったり下がったりするあざらし君の姿を見て癒され、癒されついでにその決定的瞬間をも写真に撮ってやろうと目論んでいる。
ペンギンの恨みはあざらしで・・・。(意味不明)

さて、ここでも例の”滑り止めバンドはお取りください”の張り紙を発見。

・・・・(T△T)

ペンギン館を出て、よいこらしょっと装着して、またあっという間に取れと言われる。
確かに床の保護のためには滑り止めバンドは一番いけないものだろう。
頭では分かる。

が、・・・・正直辛い(T△T)

今回はやけくそで素直に従う。

さて円柱水槽の周りにはすでに人だかりができていた。
皆、カメラ片手にその瞬間を待っている。
そう待っているのだ!
待って、待って、ひたすら待って~~~~~!
癒し系あざらし様は実はとても気まぐれなお方だったのである。

5分近く経った頃であろうか。
”ずぉお~~~っ・・・・”
いきなり下からあざらし様が・・・。

うっ!Σ( ̄ロ ̄lll)

それはあまりにも突然であまりにも短時間だった。
シャッターをなんとか1回押せたか押せないかの数秒間。
とりあえず画像を確認する。
写っていた。
しっぽ”だけが・・・(-"-;

これは思っていたよりも難しいかもしれない。
しかも弾丸ペンギンに勝るとも劣らずというほどの難易度の高さ。
こうなったら一瞬たりとも気は抜けない。
カメラは常に構えたまま、あざらし様の次なる”お越し”を待つ。
待つ、待つ、死ぬまで待つぅ~~~~~っ!

あざらし様はそんな我々の厚い期待を知ってか知らずや、円柱水槽の上や下を思わせぶりにすすぃ~っと通り過ぎて行かれる。
そんな感じで気がつけば、10数分経ってしまったりする訳で・・・(汗

”もういいっか・・・、来そうにないしぃ・・・”

諦めてため息交じりに2,3歩後ろに下がったところに、ぬぅおおお~~~っ!
き、来たぁ~~~~!Σ( ̄ロ ̄lll) 

それっ!とカメラを構えたその前に、な、なんと目の前をバカ・カップルが思い切りかぶってやがる。

うぎゃぁ~~っ!決定的瞬間うぉ~~っ!(ノ ̄^ ̄)ノ ┳┳ ┣ ┻┻ ┫ ┳┳

歓声に目を凝らすと、なんとマリンウェイには2頭のあざらし様が同時に上がってきている。
とにかくシャッターを切る。

かなりの失望感と脱力感に襲われながらもカメラをチェック。
なにかしら写っている。
ビミョウな角度(カップルが邪魔ゆえ)から、
ビミョウに膨らんだ(ガラス越しゆえ)、ビミョウに顔が映っていないシロモノが・・・。
そして下の方の端っこには顔だけ写ったもう1匹のあざらしもどき・・・。


d0051641_19135221.jpg



”もういいっ!( ̄^ ̄) ”
ぶつけようのない怒りをかかえたままあざらし館を出て、外からあざらしを見る。

そう言えば、今まであざらしって見たことあったのかな?
本土の動物園によくいるのは”アシカ”であって”あざらし”ではない。
と言う事は、”初なまあざらし”を見れたということだけで儲け物ではないか?
そう考えたらすこし怒りも収まった。

ということで、シンガポールに帰ってから”本当にあざらしは本土の動物園にいないのか?”と調べてみたところ、確かに動物園にはほとんどいないが、水族館にはどっといらっしゃった。
大阪海遊館、鳥羽水族館、城之崎マリンワールド、和歌山アドベンチャー・ワールドetc・・・。
全部見とるっちゅうねんっ!!(ノ ̄^ ̄)ノ ┳┳ ┣ ┻┻ ┫ ┳┳

よし、次に行こう!

次こそ期待の”シロクマ館”だぁ~!!!


(つづく)
[PR]

by marky275 | 2007-01-12 19:14

<< 北海道旅行④   旭山動物園① >>