骨折疑惑その2

懸賞 2007年 06月 11日 懸賞

昨日の続きである。

温かいタイの人たちに見守られながら、マーブンクロン・ショッピングセンターで心置きなく買い物をし、ホテルに戻った。

風呂に入るとビリビリじんじん痛んだが、それもすぐに慣れ、『もしも骨折してたら、こんな痛みじゃ済まないもんな~』と自己診断にちょっと安心する。

というのも、Marky実は高校生の頃、左手小指にひびを入らせたことがある。
その時は時間が経つにつれてどんどん痛みが増し、まるで小指に心臓があるようにずきんずきんと痛んだものだった。

翌日、薬指の痛みもひき、小指はまだ紫色で腫れてたが痛みはかなり収まっていた。

そして最終日。
最終日と言えば、恒例、『空港でマッサージ』!!
そう、行ってしまったんだよ、このオンナは!(爆

新しいスワンナプーム国際空港は思ったより広~くて、しかも案内板が非常~に少なく、かつ異常~に見にくく、店の無愛想なお姉ちゃんに至っては『そんなマッサージ屋なんてない!』とまで言い切る使えないヤツばっか!
それでもゼッタイにあるはずだと信じ、執念で歩きまわって探し当てた。

マッサージメニューから選んだのは『フット・マッサージ60分コース』。
そう、よりにもよって『フット・マッサージ』を選ぶのだよ、このオンナは!(爆

見かけはタイの”KAT-TUN田中聖”、でも中身は”100%山咲トオルちゃん”というお兄ちゃんがつく。

足を洗う前、トオルちゃんに手招きし、『あのね、ここ。この指だけはゼ~~~ッタイに触らないで、怪我してるから』と重々言い含める。

紫のポーク・ビッツ・ソーセージ”を見て、トオルちゃんは”あ~あっ!”とうなずきながらにっこりと微笑んだ。
多少の不安があったが、なんとトオルちゃんはその指に触れることなく、上手にマッサージを施してくれた。
ありがとう、トオルちゃん♪

ここで足マッサージをしてもらうとしてもらわないとでは、シンガポールに帰ってからの疲れ方が全然違うのだ。


さて、帰国後、指の紫色は徐々にとれ、腫れはまだ残っているものの痛みもほとんど感じない。
やっぱ、たいした事なかったな。
そう思っていた矢先、いきなり痛みがひどくなってきた。

腫れがやっぱり気になる。
ネットで調べると、『足の小指の骨折やひびはあまり痛みを感じない場合もある』とある。

『むっ・・・もしかしてひびくらい入ってるか~?(-"-;』

とりあえず湿布をして寝たが、やはり鈍い痛みがある。
病院・・・行った方がいいか~???(-"-;A
[PR]

by marky275 | 2007-06-11 12:36

<< 骨折疑惑は闇の中   骨折疑惑? >>