キレられて編イン・バンコク

懸賞 2007年 09月 16日 懸賞

微笑みの国タイランド”と言われるように、タイの人は穏やかで優しく微笑んでいる方が多い。

な・の・に!
我々は怒られた。
しかも思いっきり”八つ当たり”で。

タイの旅行者用税金還付手続き所での話。
我々は今まで何度も還付手続きを受け、空港で税金の払い戻しを受けてきた。
そこで今のいままで一度たりとも怒られたことはなかった。

今回、いつものようにチェックインを済ませ、VAT還付受付カウンターへ行った。
我々の前の前にいたアタッシュ・ケースを手にし頭にターバン巻いたインド人ふたりが、なにやらカウンターでスタッフと揉めている。

タイ人にしては珍しくしかめっ面で激高している年配の男性スタッフ。
しばらくしてようやく話が付き、我々は二人いるスタッフの中の先ほどから激しく不機嫌で怒っているスタッフの前に書類を出す。

開口一番、怒気のこもった口調で言われた。

『荷物は?』
『へ?Σ( ̄ロ ̄) 』
『荷物はっ!』
『あ、あの~、チェックインしましたが・・・』
『ここに書いてあるだろう!バンバンっ!(←書類を指でがんがん指す音)
荷物を持って来るようにって!バンバンッ!
『ひ、ひぇ~、あい~すいませ~ん(T△T)』

でも、そんなに怒らなくても~・・・
だって、だって、私たち今まで一度もそんな事言われた事なかったよ~!!!
確かによく見たら、なんか書いてあるけど、英語だも~ん!
目が素通りしちゃってるも~ん!

それにさ~、おっさん。
それって、さっきのインド人に向けられてた”怒り”の残りじゃないの~?
そんなのとんだとばっちりだよ~ん!!

たかだか700バーツほど返してもらうだけで、こんなに怒られるなんてさ~、割りに合わないよね~。
しかもその700バーツだって、空港で足マッサージしたらあっという間に600バーツ吹っ飛んでさ~。

そんで、足マッサージして店から出てきたら、息子が青い顔して『ママ、離陸まで後20分だよ』って。。。

え?Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

しかも、手荷物検査ではなぜか私のバッグを2度もX線通されて、『これはなんだ?』って画面指差しながら、なかなか通してくれなくて。。。
時間ないのにって!!!(ー_ー;)

そこでスタッフの人に航空券の提示を求められて、航空券見せたら、トランシーバーで何やら交信した後、そっけない顔で『ゲートD7は遠いわよ』って・・・。
カートで送ってくれるんとちゃうんか~ぁ!?Σ( ̄ロ ̄lll)

D1から始まっただだっ広いゲートは見渡す限り人っ子一人姿は見えず、D7の文字のかけらも見えやしない!!
離陸時間まで15分を切っている。

走らんかい~!
息子に引きずられながら、D7に向ってひた走る。
『ちょ、ちょっと待って!指が痛いんだけど~~~(T△T)』
『時間がないんだよ、ママっ!』 
『わ、分かってるけど、と、トイレにも行きたぁ~い(T△T)』

てか、D1からD6まで全然使ってないのに、ど~してこんな遠いD7から使ってんだよ~!!
シンガポールへの嫌がらせか~!(ノ ̄^ ̄)ノ ┳┳ ┣ ┻┻ ┫ ┳┳

途中、息切れを起こしたのは息子だった。
『最近の若者はひ弱だね、ふふん(ー_ー;) 』
ようやくD7に着いて、トイレに行って(行くよ、当然!)、席に着いたのは離陸予定時間の5分前だった。

しかし、飛行機は予定通り飛ばなかった。
なぜなら、我々の他にもまだ4人のぼんくら行方不明者がいたのだ。
彼らは結局時間内には現れず、機長が4人の荷物を機内からほっぽり出す指示を出し、予定より20分遅れて離陸した。

なんとなく4人の気持ち分かるよ。
だって、ほんとに広いんだもんスワンナプーム国際空港は!!
[PR]

by marky275 | 2007-09-16 14:11

<< キレて編イン・バンコク   びら~ん(大泣 >>