爆走逆走消防車!

懸賞 2007年 09月 23日 懸賞

『くっさぁ~~い!!なにこれっ』

夕方、ココの散歩に出てびっくり。
なんだかアパートの周りがぼんやりかすみ、何か燃えているような異臭に包まれている。
しかもその匂いが強烈で、鍋の取っ手を燃やした時のような気分が悪くなるような匂いだ。

周りを見回すと、どうやらうちのアパートの裏の方から煙が漂っている。
かすかに何かを燃やしている様子も見える。
生憎外は風がほとんどなく、その匂いは家の中にまで入ってくる。
窓を閉めて、全室エアコン全開、空気清浄機をつけても匂いは増すばかり。

息子に外の様子を伺いに行かせると、裏のアパートの敷地でインド人数名がココナツの古木を燃やしているという。
すぐに止めるよう注意するが無視されたらしい。
しかたなく、夕食の用意を始めたが、とうとう家の中にいても頭痛がするぐらいになってきた。

『パパに言って、すぐ警察に電話してもらって!』

それから10分後、かすかに消防車のサイレンの音がした。
もう1度、息子を偵察に出す。
10分後、戻ってきた息子の話によると、裏の通りに消防車と警官が数名来て、燃やすのを止めさせたという。
うちの隣のアパートに住む外国人もどうやら警察に通報したらしい。

『よかった、よかった、これで一件落着~』

再び、夕食の用意をとキッチンに戻ると、またしても消防車のサイレンが聞こえる。
『おっ、さっきの消防車が帰るんだな』と、キッチンの窓から外を見る。

『でもシンガポールの消防車って仕事を終え帰る時もサイレン鳴らすんだ?』
と思いながら、見ているとサイレンはどんどん大きな音になり、なんと消防車とパトカーが一方通行の道を逆走してきて、我がアパートの前に止まった。

お、おっと~、これってもしかしてうちが呼んだヤツ???Σ( ̄ロ ̄lll) 

消防車からシルバー・カラー全身フル装備の消防隊員がタッと飛び降り、我がアパートのゲートをひらり乗り越えた。

おおお~~~っ!ど、どこへ行く気だぁ~~~?Σ( ̄ロ ̄lll) 

彼の姿はそのままうちの駐車場に消えた。
『ど~する?ど~する?うち行った方がいいの???』
息子と慌てていると、窓から隣のアパートの人が消防隊員に話をしているのが見えた。
『と、とりあえず様子をみよ~(汗 で、でもパパいったいなんて警察に電話したんだ???(-"-;A ...』

しばらくして消防隊員も消防車もパトカーもいなくなっていたが、シンガポールの警察って横のつながりがないんか???
同じような時間に、同じようなところで、同じような通報があったら、一個だけ消防車なりパトカーなり送り込めばいいんちゃうん???

ま、お陰で火は消えたけど。。。
もうちょっとそういう防災システムを見直した方がいいと思うよ、ね、シンガポール
[PR]

by marky275 | 2007-09-23 23:53

<< ココ、おめでとう~♪   キレて編イン・バンコク >>