窓がついた♪

懸賞 2005年 06月 01日 懸賞

お~っほっほ♪( ̄▽+ ̄*)
いきなり高笑いから入らせてもらったのは、”窓がついた”からだ。

予定の期日よりも早く仕上がるなんて、シンガポールでは奇跡的に珍しい。
細身で長身のMr.タンは見かけによらず、とても頼れる男なのだ。

仕事が速く、丁寧で、自分の腕に誇りを持っている。
中途半端な仕事では自分自身が納得できない、常に完璧を目指すのである。
しかも、彼は決してチップを受け取ろうとしない。

今日も窓をささっと手早く取りつけた後、帰り際にさりげなく『あ、表のチャイム直しといたから』と一言。
まさに『我等がスーパーマン』なのである。
一家に一台、いや一家に一人こういう人物がいたら助かるな~・・・。


さて、Markyはと言えば、夜中にいきなりの腰痛で何度も目が覚める。
『痛いよ~、痛いよ~・・・』と言いながら何度も寝返りを打つ。
その上、『腰が痛いよ~』と泣きながら、高いところから飛び降りて答えなければならないクイズに出ている夢を見るd0051641_023849.jpg
なんでやねん・・・(-_-;)

お昼から殆どベッドに寝たきりで、ココも横でずっと添い寝をしてくれていた。
夕方、買い物がてらのお散歩に行く。
それではちょっと運動不足かな、ココ。


- 写真今日のココ -

『ホラー第5弾、もしくはブス子第1弾とでもいいましょうか・・・』
[PR]

by marky275 | 2005-06-01 00:02

<< うまうま~♪   再会 >>