2005年 06月 02日 ( 1 )

懸賞 懸賞

うまうま~♪

懸賞 2005年 06月 02日 懸賞

昨夜、遅くまでDVDの”ハリー・ポッターⅢ”を見ていた“男ふたり”。
午前10時を過ぎてもまだ起きる気配はない。

Markyだけ先に朝ご飯を食べてもいいのだが、2度手間になるのがなんとなく悔しい。
とりあえず、他の家事を済ませ、ココに食事を与える。
毛ヅヤ&乾燥肌用のサプリメント・パウダーをドライフードの上からかけるようになり、だんだん食事にかかる時間が長くなりだした。
と思っていたら、今朝とうとう食べなくなった

一口、二口食べただけで、ぷいっとそっぽを向いてしまった。

・・・( ̄  ̄;) うーん
”高かったんだから、ゼッタイ完食させてやる!”と、意地になっていたけれど、なんだかかわいそうになってきた。

2,3粒、手で粉を払い落とし、口元に持って行ってやるとちゃんと食べる。
エサがイヤになった訳ではない。
結局、新しいエサを用意してやった。
満足そうに全て食べきったココを見ていたら、もう無理に与える気は無くなった。
乾燥肌対策はまた別の方法を考えるか・・・。


話は変わって、今夜の夕食は一度トライしたいと思っていたシャングリラ・ホテルの新しいレストラン”The Line”へ行った。
ちゃんと予約も取り、きっかり時間通りに店に着いた。

8時少し前、テーブルはほぼ100%埋まっている。
大繁盛である。
これはなかなか期待できそうな・・・。
心わくわくさせながら我々が案内された席は・・・。

Σ( ̄口 ̄*)うがっ!

なんと、テーブルのすぐ横でお客の食べた残した皿の後始末をしているのである。
そこで残り物を1ヶ所に集め、汚れた皿を積み重ねては大きなお盆にのせてどこかに運んで行く。

ホーカー・センターじゃあるまいし、天下のシャングリラのレストランがなんつ~ことを!!

が、そんな事は一切意に介せず席につくダンナ。
案内してもらったお姉さんには悪いが、Markyと息子の二人が断固抗議して他の席を探してもらうことになった。
待つこと5分、今度は打って変わって窓際のいい席に案内された。

ダンナは『ったく、いつもうるさいんだよ、こいつらは・・・』とでも言いたげな表情を浮かべていたが、新しいテーブルにつき、飲み物をオーダーし終わるや、『うん、やっぱ、そうだよね~。あんな席はいやだよな~』と嬉しげに言う。

”そやから最初からうちらがあかんっ!て言うてるやんかっ!”
できることなら、大阪弁で思いきりつっ込んでやりたかったよ(-_-)

そんなすったもんだはあったものの、お料理の方はどれを食べてもおいしく(全制覇は無理だったが)大変満足のいくもので、これだけの豊富な種類とお味でこのお値段ならありがたいくらいである。
また、行きたいな~♪
今度は”窓際指定”で。


- 写真今日のココ -

『だから、わたちは明るいと眠れないでしってば・・・』
d0051641_072664.jpg
[PR]

by marky275 | 2005-06-02 23:16