2006年 09月 16日 ( 1 )

懸賞 懸賞

バンコク旅日記③

懸賞 2006年 09月 16日 懸賞

するどい方はお気づきかもしれないが、タイトルが”バンコク旅日記①”から、いつのまにか”バンコク滞在記②”に変換している。
わざと
いや、単なるボケのなせる”お間抜け”である。
今回、”バンコク旅日記③”に戻させていただいたが、次回も同じである保証はない。
それくらい”ボケ”ている今日この頃・・・。

そんな中、ダンナが突然イスラエルから帰ってきた。
しかも我々には”内緒”で・・・。
本人いわく”サプラぁ~イズ♪”という意図だったらしいが、普通サプライズって”うれしい”ものなはず。
しかし、はっきり言って今回のは”ただ迷惑”なだけ・・・頭真っ白だ( ̄ ̄ll) 
というのも、週末から来週にかけてはたっぷりお遊びのお約束が目白押し。
予定が狂うじゃないか!(怒
車・・・渡さないからね( ̄^ ̄)

そんな話はさておいて、本題だ。

現地時間午後5時。
いよいよ行動開始。
かって知ったるスクンヴィット・ソイ2。
まずは向かいのチットロム・センターで両替をして、ナナ駅へ向う。
ナナまでは徒歩約4分といったところだが、まだまだ日差しは強く、その蒸し暑い事と言ったら・・・。
足元のきわめて悪い狭い歩道の日差しや露店や人々をかきわけつつ、やっとナナ駅へ上がる階段へ差し掛かる。
やれやれやっと着いたと、思わず大きく息を吸った途端。

おぇ~~~っ、がほっごほごほごほぉ~~~~っ

今まで経験した事のないすさまじいドブの匂いに、激しく咳き込み、嘔吐感に襲われ、頭がくらくらする。

『ママ~、そんなに大きく呼吸するからだよ~』
『う~っ・・・・(T△T)』

上がりかけた階段からふと下を見ると、かなり長期に渡り放置されっぱなしでほとんどゴミ捨て場と化した作りかけのビルがあり、BTSの高架のため風通しが悪いのか、その辺り一帯の空気はよどみきっている。
しかし、そんな中でもタイの人々は服や食べ物屋の屋台を平気な顔してやっているのだからすごい。
こんなひ弱な我々ではとてもいじゃないが太刀打ちできない。
やっぱりタイの人はすごい。
そんな事を思いながら、息も絶え絶えに階段をあがって、やっと切符を購入。
駅の構内に上がってもほぼ無風状態で、本当に暑い。
シンガポールより確実に暑い。
セントラル・デパートに入れた時は、しみじみエアコンのありがたさを思い知ったものだ。

冷気を吸って生き返った我々は許された時間がそれほどないにも関わらず、そこそこ買い物をし、夕食は6階のロフトで食べることにした。
いつもここに来ると”タイの麺”を食べるのが定例なのだが、疲れからかこってりしたものが食べたくて、ついおいしそうな”ソーセージ・ピザ”を購入。

息子はと言えば、なぜか寿司をオーダー。
なんでわざわざタイに来て、ピザと寿司やねん!”
とお互いを突っ込みあう。
それでもその後、Markyは麺を、息子は豚足を其々ちゃんとオーダーし完食。
タイ料理も満喫し、デザートにプリンまで手を出す。

お腹もいっぱいになったところで、ホテルに戻る事にする。
荷物もあったしなにしろ疲れていたので、午後9時を過ぎていたがタクシーで帰ることにした。
玄関先で制服姿の兄ちゃんがテキパキとタクシーを利用する客をさばいている。
行き先を告げると手元のボードに記入し、乗ったタクシーのナンバーも控え、ドライバーに行き先まで告げてくれ乗せてくれる。
まことにもって行き届いたサービスだ。

さて、兄ちゃんにエスコートされるまま乗りこんだタクシー。
走り出したはいいが、メーターがついていないのに気付く。
M『メーター付けてよね』
ド『おお~っ!』

おもむろにメーターボタンをガチャガチャがちゃ・・・がしっがしっがしっ。
力任せに押し続ける。

ド『お~、そ~り~。壊れてるですね~、これ~

フンッ!( ̄^ ̄)そんな手にゃのらね~よ、こちとら何年バンコクに通い続けてると思ってんだ。
なめんじゃないよ!

M『ふ~ん、で、アンタいくら欲しいの?』
ド『200ば~つ
M『はぁ~!?』
ド『いやいや、100ば~つでいいよ~』
M&息子『ふざけんなぁ!車止めろ、降りるっ!』

まだセントラルの駐車場内だったので、さっきの場所に戻って制服の兄ちゃんに経緯を説明し、違うタクシーを手配してもらおうと思ったが、兄ちゃんはとても恐縮した様子で『ソーリー』を連発し、なんとセントラルの専属バンで我々をホテルまで送り届けてくれたのである。
しかも無料で。
送ってくださったドライバーさんに丁重にお礼を言い、チップに100バーツを渡したが、同じ100バーツでもこれは気持ちよ~く渡せる100バーツだ。
気持ち的には500バーツくらい渡したかった。(渡さないけど)

終わりよければすべてよしとは言うが、今日は1日いろ~んな事があったが、その夜息子もMarkyも満足した気持ちでこてっと熟睡。
さて、明日はどうするかな!

<つづく>

d0051641_12321635.jpg


『本文には全然関係ないけど、おすましさんのわたちでし~』
[PR]

by marky275 | 2006-09-16 23:08