<   2005年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

蘇る恐怖

懸賞 2005年 07月 05日 懸賞

いつものようにココを連れて散歩に出た。

しかしゲートを1歩出た途端、ココは”くぅ~ん”と悲しそうに鳴いて、その場を動かない。
『どうしたの、ココ?』
話しかけても、心ここにあらずの様子。
動かないココをどうしたものかと思案していると、学校帰りの児童が”かわいい~♪”と声をかけてきた。
はっと我に返り、ひとしきり愛想を振りまいた後、やっと公園に向かって歩き出した。

しかし、公園前でまたしても立ち止まる。
無理に引っ張って連れていこうとすると、とうとう震え出した。
とりあえず抱きかかえて、公園まで行く。
しかし、ココの震えは止まらない。

周りには誰もいなし。
しかし、よ~く耳を済ますと、どこからか微かに聞こえてくる音・・・。
航空機の音にしてはあまりに頻繁に聞こえる。
どうやらどこか遠くで戦闘機が飛んでいるらしい。

ココはこの音に脅えていたのだ。
あの日のことは本当にココにとって、恐ろしい体験だったのだろう。
きっとココは自分が走り出したあの時、Markyがすぐ後から付いて来ていると思っていたのだろう。
しかし、ふと振り帰るとMarkyの姿は見えない。
いっそう慌てて引き返そうとした矢先、やっとMarkyと出会えたと言ったところだろうか・・・。

結局、お散歩はできなかったが、明日はドッグランへ連れて行ってもらう予定だ。
今日は我慢してもらうとしよう。
ね、ココ。


- 写真今日のココ -

『わたちお利巧にしてるでし~。後でなんかくれでし~・・・・』

d0051641_1352412.jpg
[PR]

by marky275 | 2005-07-05 13:35

ココの新”弱点”

懸賞 2005年 07月 04日 懸賞

今日は息子が家にいた。
体調が悪い訳ではない。
Youth Dayという日で、学校がお休みなのだ。(行けばいいのに・・・(ばきっ
日本で言うところの“子供の日”かと思ったが、違うらしい。
んじゃ、なんの日なんだ、いったい???


さて、いきなりで恐縮だが新たなるココの“弱点”が発覚。
息子とふたり、昨日タイ・フェアでゲットした”ドリアン”を嬉々として食べていると、いつものようにしっぽフリフリやって来たココりん。
スター・フルーツの件もあって、やはり食べさせるのは躊躇する。
では”匂い”だけでもと親切心で鼻先にドリアンをひとかけ持って行ってやると・・・。

”ふぇくしっ!”

しばらくくしゃみ連発のココりん。
気の毒だが、結構笑わせてもらった。
おいしいのにね、ドリアン!(笑


- 写真今日のココ -

『このボールはあたちのでしっ!!死んでも放さないでしっ!!』
ま~た取り合いやってる・・・懲りないね、アンタ達・・・(-_-;)

d0051641_22194938.jpg
[PR]

by marky275 | 2005-07-04 22:21

タイ満喫

懸賞 2005年 07月 03日 懸賞

毎年タイ大使館で行われるタイ・フェア。
去年は行けなかったので、今年こそ!と楽しみにしていた。
しかし丁度Markyの手術日と重なるように開催されたので、今年も無理かと思ったが、術後の快復は思ったより早く、今日最終日、思いきって出かけてみた。

最終日という事で品揃えは少なかったが、今回やけに目に付いたのが”癒し系グッズ”の店。
しかも”石鹸”関係が多い。
タイの人もシンガポールの人もみんな癒されたいんだな~・・・(-_-;)

バンコク滞在時、在住のAちゃんに連れて行ってもらった足マッサージで始めて体験した“ハーバルボール”も売っていたが、あれはやっぱり自分でやるより人にやってもらう方が気持ちいい。
息子にやらせるって手もあるが・・・(ばきっ

今日の戦利品はレモングラス石鹸、セラドン焼きアロマ・ポット2個、ドリアン2箱、ココナツ・ジュース、ラープ(お惣菜)、カオニャオ(タイ産もち米)等。
結構、タイを満喫できたよ~。
バンコクの旅から帰って来たところだけど、やっぱりタイはいいっ!(^o^)


さて今日はバンコクで買って来た”チキンヘッドハット(にわとりとさか帽)”をかぶせココの写真を撮ることにした。
しかし、これが意外なほどの反撃に合い手こずった。
服は自分から頭を入れてくるほど大好きなのに、帽子やかぶりもの系は大嫌いなようだ。

でもって写真は息子が手足を押さえつけるようにして撮った。
・・・ここまでしなくてもいいんだけどね。
ごめんね、ココぉ~(^^ゞ


- 写真今日のココ -

『むっすぅ~~~~~~~~~っでしっ!!!(怒』

d0051641_2153274.jpg
[PR]

by marky275 | 2005-07-03 21:51

元気です!

懸賞 2005年 07月 02日 懸賞

いきなり漠然と“手術”などと書き、皆さんにいらぬご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
Marky復活でございます。
今日は我がサイトをご覧頂いている女性の皆様のお役にたてればと、今回の”手術”について書かせていただこうと思います。

病名は『子宮内膜症』。
お蔭様で腹腔鏡手術や開腹手術ではなく、日帰りの手術で済みました。
それでも全身麻酔だったので、家に帰れるまで約4時間はベッドの上で横になってました。

約3週間、前年に1度恒例になっている婦人科検診で、先生から『何か変わったことありませんか?』と聞かれ、なにげに『そう言えば今年に入ってから生理の期間がいつもより長くて1週間以上続くなぁ~・・・”などと軽く言った一言から、この病気の疑いが発覚しました。

最近、月を追うごとに生理痛がひどくなり寝こむ日があったり、また日数も長くなり、そして一番悩まされたのが腰痛・・・。
夜中寝てても“イタタ・・・”と思わず起きてしまう程の腰痛を、それでもただの”腰痛”と思っていたのです。
すべてを”年のせい”で済ませていました。

普段から低体温、低血圧の貧血気味であった上、以前の経験で、この国でうっかり”腰が痛い”などと言ったものならば、”MRIだCTスキャンだ”と、あっという間に1000ドル単位のお金が消えて行く現実がトラウマになっていたのか、つい病院へ行くのが怖くなっていました。

今回の手術費用は全部で約550ドルでした。
これで腰痛や生理痛の痛みから解放されるなら早くやって貰えばよかったと思いますし、またもっと早めに病院へ行っていれば薬で治せたかもしれません。

これからはもっと素直に自分の身体の言う事を聞いて、賢く対処したいと思います。
皆さんもMarkyのような症状でお悩みなら、一日も早く婦人科へ行かれることをお薦めします。



さて、ココである(^_^;)
手術をした日は5時間留守にしたが、Yuさんがうちに来てくれたので寂しい思いはしなかったはずのココだが、ここ数日、Markyが寝込んでいる間ず~~~~~~~~~っとベッドで添い寝をしてくれた。
Markyの様子がなんとなくおかしいと言うのはココも察しているようで、いつもよりかなりおとなしめだ。
昼間からあんなに寝たら、夜はきっと寝むれないだろうと思ったが、やっぱりMarkyと一緒にベッドに入ってくる。
これもココなりの気遣いなのかな?

手術の当日にははずはずさんやYuさんには本当にお世話になり、もう涙がでるくらいあり難く、息子も夕食の用意や後片付けなど一生懸命やってくれた。
本当にMarkyってば”シアワセもん”である。
ありがとう、みんなm(__)m


- 写真今日のココ -

『わたちの子分の紹介でし~♪でもイチの子分ま~くんがいないでしぃ~・・・(泣』
(今日はま~くん苦悶公文です!ママりん談)

d0051641_18514974.jpg
[PR]

by marky275 | 2005-07-02 18:53