<   2005年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

強いオンナ

懸賞 2005年 10月 15日 懸賞

ココは相変わらずヒートの気配はない。

1歳を迎え、少し体長が伸びたような気はするが体重はそれほど増えてない。
シンガポールの獣医さんは”初ヒート”を、迎えた後に避妊手術をとおっしゃるが、いったいいつになることやら・・・?

昨日はひさしぶりにドッグランに行き、初めて会ったシベリアンハスキーの子供(と言っても7,8ヶ月か)に思い切り追いかけられていた。
今までほとんどココに追い付けるわんこはいなかったが、このハスキーはパピパピ・パワーでココをしつこく追い回す。
さすがに最後はココが逆ギレして吠えかかったりしてたけど・・・。

Markyが投げてやった骨のおもちゃではチビ・ハスキーとココの激しい奪い合いがあった。
骨に追い付くのは早いがしっかり獲物を咥える正確さに欠けるココは、ほとんどチビ・ハスキーに取られている。
そして腹いせにチビ・ハスキーに体当たりなんかくらわせている。
自分の数倍の大きさの相手に臆することなく、走りながら体当たりをくらわすココってば案外強いオンナである。
見習わなくては(笑


- 写真今日のココ -

『ま~くんの大事なスヌーピーにこうしてやるでし~!わたちは強いオンナでし~っ!』
(この後、ま~くんにぼこぼこd0051641_22323413.jpgにされてました←ママりん談)
 
[PR]

by marky275 | 2005-10-15 22:14

解き放たれました・・・

懸賞 2005年 10月 14日 懸賞

『じゃ、外行ってみましょうか~』

きたぁ~~~━━━━( ̄◇ ̄;)━━━━ !!!!!

サーキット内を10分ほど回ったところで、教官がおっしゃった。
シンガポーリアンってばあなどれない。

『どうしますか?やめときますか?』
『い、いえ、行きますぅ・・・』

と答えるMarkyもいったい・・・・。

それは右折から始まった。
『ほ~ら、出ましたよ!サーキットより広くていいね~ぇ』
確かに道幅は広い。
車の数もサーキット内より少ない。

『他の車を見ない』
『下ばっか見ない』
『遠くを見て』
『入れさせんな~』
運転中教官には色々アドバイスを頂いたが、決して怒鳴ったり怒ったりはなく、とっても優しい。

ちなみに最後の『入れさせんな~』は車線変更でウィンカーは出したものの、びびってなかなか変更しようとしないMarkyに教官が『行け行け』と促すお言葉である。

1時間を超える公道での運転は思ったより楽しかった。
最後に教官に『今度はもっとスピード出してみよね~』と言われる。
本日の最高速度45キロ。
本日の失敗、縁石乗り上げ1回、ブレーキとアクセルの踏み間違い・・・1回。
まだやっとるか、このオンナ・・・ヾ(_ _。)ハンセイ…


さてこのところ、みんな忙しくてすっかりドッグランご無沙汰のココ。
かなりストレスが溜まっているらしく、悪いことを次々にしでかす。
ティッシュ、新聞の咬み散らしは勿論、観葉植物を食べる、う○ちで遊ぶ、めがねを齧る、家具を齧る等々・・・。
一番困るのが、夜中によだれででろでろになった”おっさんまん2号”を、『遊ばんかぁ~、ほれほれでし~!』と顔にばしばしぶつけてくること。
我慢も限界らしい。

今日は連れてくぞ、ココ。
ただし雨が降らなかったらね・・・。d0051641_12345422.jpg


- 写真今日のココ -

『愛しのジャック様に会いたいでしよ~♪』(でもジャックは反応なし(悲)
[PR]

by marky275 | 2005-10-14 11:18

パックリPart2

懸賞 2005年 10月 13日 懸賞

ちょっき~ん!

\(>◇<:)/ぎゃぁぁ~~~~っ!!

香ばしい音とともぱっくりV字に切れたのは、Markyの左手のひらは人差し指の付け根あたり・・・。
見る見る血がにじみ出てくる。

何をしていたかって?
儀父母のお墓参りで供えるお花の茎を長すぎるので切っていたら、勢い余って花を持っていた自分の手まで切った・・・というごくごく”普通の不注意による怪我”である。
(え、普通じゃないっすか?(怒)

ティッシュで押さえて止血するが、なかなか止まらない。
10分後、やっと止まったかと思われたが、場所が指の付け根辺りなので手を動かすとすぐにまた切り口がぱっくり開いて血が出る。
何度か出血、止血を繰り返す。

明日は運転3回目。
ハンドルはちゃんと握れるだろうか・・・?
いつも”ハンドル握りすぎ”と言われているMarkyだから、力を入れたくても入れられないこの方が逆に好都合かな~?

ま、”神のみぞ知る”・・・(てか、知~らないっと・・・(-。-;)ボソ


ココはすごい!(いきなり話題が変わります)
下の駐車場に車が入ってくるだけで、”あ、パパりんが帰って来たでし!”と玄関まですっ飛んで行く。
もちろん、駐車場に入るのはダンナの車だけではない。
ちゃんとその音を聞き分けているのだ。
本当にすごいな~!

ところで、誰か”破傷風”の予防注射って有効期間どれくらいかご存知だろうか?
半年?1年?
今日手を切ったはさみって結構さびさびだったのよね~・・・。
今年の4月末に”ガラスでぱっくり身がない事件”の時に注射してもらったんだけど・・・。
だめ?

d0051641_04287.jpg
- 写真今日のココ -

『寝る時も真剣なわたちでし。。。zzzz』
[PR]

by marky275 | 2005-10-13 00:05

2回目終了~

懸賞 2005年 10月 11日 懸賞

本日、2回目の実技教習。
今回は挨拶もそこそこにさっと運転席に座らされて、たっぷり1時間半ドライブさせられる。

さすがに2回目になると、すこぉ~しだけ”慣れ”てアクセルが踏めるようになった。
それでも30キロだが・・・。

今回は徹底的にカーブの練習、要するにハンドルさばきの練習だ。
本日1時間半の間に後輪が乗り上げること3回、ブレーキとアクセルの踏み間違い1回・・・。
乗り上げはともかく、ブレーキとアクセルの踏み間違いはマジ怖かったよぉ~~~~っ!(泣

”これを経験してこそ『アクセルとブレーキを踏み間違えると大事になるんだ!』と頭と身体に叩き込めるんだぁ~っ!”と自分で自分に言い聞かせる。
(でないとあまりに凹んで、このまま運転恐怖症に陥りそうだった・・・)

しかし終了時、インストラクターから衝撃の1言が。

んじゃ、次の3回目は外行こうね~

『外?そと・・・・って、もしかして公道ですかい?』Σ(||゚ロ゚)ヒィィィィ

ブレーキとアクセルを踏み間違えるようなオンナ”をこんなに早く天下の公道に解き放していいのかぁ~っ???

あさってが怖い・・・。


さて一方、Markyが教習所でΣ(||゚ロ゚)ヒィィィィとなっている間、ココは家でΣ(||゚ロ゚)ヒィィィィとなっていたらしい。
今日は朝から我がアパートのゲートの取替えが行われており、結構ドリル音が響く。
それにびびっていたらしい。

どれくらいびびってたかと言うと、何jか食べ物をもらえそうな時以外は、なるべく近寄らないようにしている”ま~くんのお膝の上で震えながら寝ちゃうくらい”である。

背に腹はかえられん・・・ね、かわいそうなココりん。


- 写真今日のココ -

『ころ~ん♪はわたちの得意のポーズでし!お腹すりすりしてくれでしぃ~♪』d0051641_17544048.jpg
[PR]

by marky275 | 2005-10-11 17:22

終わった~

懸賞 2005年 10月 10日 懸賞

今日、息子のPSLEが終わった。
これでしばらくは一息つける。
結果は11月の半ばだ。
あとは運を天に任せるしかない。

さて、しばらくぶりにココりんのお話。
1歳を迎え、”初ヒート”がいつ来るか来るかと待ちわびているが、一向にその気配がない。

ちょっと心配になってきたので、ネットで調べてみたらびっくり。
かたや9ヶ月で来ましたと言うイタ・グレちゃんあらば、かたや3年経ってやっとというわんこもいる。
この開きはいいのか?
それって病気ではないのだろうか?

しかし、このところココはドッグランでやたら”オス”に囲まれる。

という事は近いのか?

いや、もしかして本人(本犬)と飼い主が気づいてないだけで本当は今まさにヒート真っ最中なのか??

いや、やっぱりココも3年後組なのか???

誰かおせ~て!
d0051641_17514593.jpg


- 写真今日のココ -

『も~、頭に来たでしよっ!がうがうでしぃ~~~~っ!(ひぇ~・・・→びっくりま~くん)』
[PR]

by marky275 | 2005-10-10 17:41

教習所初ドライブ!

懸賞 2005年 10月 06日 懸賞

と~と~この日がやってきた。

免許が欲しいっ』と19歳の頃から思い始めて早ン十年。
夢にまで見た”車の運転”!

午前10時半、空は輝かしい我がドライブ人生の始まりにふさわしい”快晴”。
気温は33度くらいあるだろう。(これはありがたくないが)

まずは教習所のモニターで本日Markyの乗る車のナンバーをチェック。
そのナンバー『119』。

ちょっと待ったぁ~!
これってもしかして日本の『救急車の電話番号』?Σ( ̄ロ ̄;) ガビ-ン
う~ん、シンガポールの救急車は119ではないが、なんとなくいやな予感・・・。

非常に不親切かつあいまいな地図に従って駐車場へ向う。
白い車がずらり並んで停まっている。

とりあえず自分の乗る車を探す。
『・・・・119、119と・・・・あった!』
多分この教習所の1番最後の車であろう。
チョースーパーハイパー初心者用だと思われる。
これ以降のナンバーは見当たらない。

炎天下、車の前で待つこと5分。
インストラクター登場。
30歳後半のマレー人の教官で、その黒いサングラスは威圧感があってちょっとコワイ・・・。
しかし、話してみればもこの教官F氏、優しくて親切な方だった。

まずは教官の運転でサーキットまで向う。
そして簡単にこれからの流れの説明を受け、一旦車から降り車全体の確認をし、車内に戻ってメーター等の説明。

エンジンをかけ、ギアの説明を受け、いよいよドライブ・スタート。
いや~、緊張するぅ~~!!!
ギアをドライブに入れ、ハンドブレーキを下げる。
な、なんと、車が動いたや~ん!!(当たり前・・・)

前によたよた10m足らず進んでブレーキ、今度はバックに、また前進、バックを何度も繰り返す。
ここらはちょろいもんだ。
今度はハンドルを切る練習。
歩く方がずっと早い速度で右にぐるぐるまわり、今度は左に。
そんなこんなで30分程の練習後、いよいよサーキット内に出る。

周りはMarkyに毛が生えた程度の”ぺーぺードライバー”がうろうろしている。
うっ、コワイ・・・。
気がつくと、身体中緊張のかたまりでハンドルを握り締めている。
教官はMarkyの緊張をほぐそうとあくまでも優しく丁寧に教えてくださる。
が、どうしても眉間にしわが寄り、肩はがちがち、足はがくがく、視線は前方3メートルという典型的な初心者体勢になる。

力が入るのでついハンドルを切りすぎて、コーナーを回ると隣の車線に大きくはみだす。
我ながら危な過ぎる・・・。
しかも途中からワイパー全開でも前が見えにくい程の”大雨”が降り出し、しっかり『お約束』ってな感じだ。

途中、何度ももっとアクセルを踏むように言われるが、そのモーター音がすごくコワイ・・・d0051641_15192526.jpg

それでも事故なくなんとか無事に1時間半の教習を終えた。
車から降りたら、前太ももの筋肉が痛かった。
よほど足に力が入っていたらしい。

急停車、急発進を繰り返すMarkyの付き合ってくださった教官F氏、ありがとう。
またいつかご一緒できるかな?

さ~、次は来週の火曜日だ。

さすがに今日は疲れた~。

あ、このブログ、”ペット”から”車”になりつつある・・・やばっ。


- 写真今日のココ -

『ぴきっ・・・ってわたちの血管が切れる音がしたでし・・・しかもとってもゴムくさいでしよ、これっ!(怒』
[PR]

by marky275 | 2005-10-06 23:35

いよいよ

懸賞 2005年 10月 04日 懸賞

いよいよ明日から息子のPSLE。

いいのかっ、息子!?

いや~、我が子ながらこれだけ勉強もせず(言い方を換えればまさに”実力のみ”試験を受け、もし高得点など取れようもんなら、数多のシンガポーリアン教育ママ達から総攻撃を食らうだろう。
もちろん、高得点など期待できるわけがない。


その煽りを食っているのがココだ。
一応試験中はダンナから”ドッグラン禁止令”が出ている。
息子が一人で勉強してくれればドッグランだろうがキャットランだろ~が関係ないのだが、”監視役”がいないとすぐにさぼろうとするおぼっちゃま・・・。
その監視役も最近はすっかり職務怠慢である。(マジ疲れるしね~(泣

後は神様に祈るだけか・・・。
いや~、神様だって許さないだろうな・・・(汗


- 写真今日のココ -

『わたちの運命なのでしよ、これが・・・。どうぞ笑ってやってくださいでし・・・(むっ』
d0051641_1446377.jpg
[PR]

by marky275 | 2005-10-04 21:35