<   2005年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

オーチャード・でびゅ~♪

懸賞 2005年 12月 13日 懸賞

『夜だからって怖がって運転しないと、いつまで経ってもできないよ』

”うむ、それもそ~だな・・・、じゃ、ま一発行ってみっか!”

ダンナから言われて、”初めてマイカーで夜でしかも渋滞のオーチャード・ロード”を運転してみた。

まずはガソリン・スタンドで初心者マークを購入。
オレンジと黄色のかなりインパクトのあるデザインだ。
これが唯一の”我が命綱”である。
頼んだぞ、強い味方っ!

ブキティマ沿いのガソリン・スタンドから初運転がスタート。
息子の怯えた表情がミラー越しに見える。
助手席のダンナは視界に入っていない。

いざっ、参る!(義経の心境分かるぅ~)

スコッツ・ロードはそれほど混んでいなかった。
が、オーチャードはイルミネーション目当ての車でごったがえしていた。

”自分の車線をキープしてっ”
”前ばっか見てないで遠くを見てっ!”
”あ、後ろからバイクがっ!”
”ブレーキ、ブレーキ~~~っ”
”あ、あっ、バスがバスがぁ~~~・・・・”

うっせぇ~って!!(ノ`⌒´)ノ ┫:・'.::・┻┻:・'.::・

ダンナが助手席で指示やら警告やら悲鳴やら、次から次へとしゃべりまくる。
こ~うるさくされたら、逆に運転に集中できない(怒

しかもMarkyもMarkyで独り言が止まらない。

”あ、ウィンカー出せよ~、ちゃんと~”
”おいおい、勝手に前にはいんなって!”
”きゃ~っ、車線変更できな~い・・・入れてぇ~・・・・”
”うぉ~っ、このまま直進しちゃうかもぉ~・・・”
”こら、じじぃ!横断歩道渡れって。死にたいんかっ!”

自分でも歯止めがきかないのを自覚していた。

オーチャードのイルミネーションなどほとんど目に入らず、約10分ほどの運転は終わった。

家に帰り着き、車が止まるとふたりから同時にため息が・・・。
ダンナは”コイツに運転させてオレ様はイルミネーションでも楽しませてもらお~か、かっかっかっ♪”
などと目論んでいたに違いない。

ま、自己採点は80点と行ったところかな~。
横でぎゃーぎゃー言われなかったら90点はいけてただろうに・・・(ばきっ
しかし、左に延々ウィンカー出しながら両横バスに挟まれた時は正直ど~しようかと思ったが・・・。
ま、なんとかなった。

さ~、この調子でいくざますよっ!(* ̄∀ ̄)v ブイ


- 写真今日のココ -

お二人さん、おくつろぎ中。
『はぁ~、やっぱいいでしね~、骨は~♪ま~くん、漫画ばっか読んでないで勉強するでしよ!』

d0051641_2045742.jpg
[PR]

by marky275 | 2005-12-13 20:06

ヒート・アップ?

懸賞 2005年 12月 11日 懸賞

日を追うごとにココのヒートはどんどん大事になって来た。

身体が小さいから出血も大した事ないかと思っていたら、どんどん”桃ちゃん”は腫上がり、床には血が点々と・・・。
メスのヒートを初めて体験する我々は事を甘く見ていた。

慌てて”パンツ”を穿かせる(似合わないんだお、これが!)も、あっという間に汚れてしまう。
しかも替えのパンツはない。
当然だ。
1枚しか買ってなかったんだから・・・。
ウェット・ティッシュを持ち、ココの後をついて歩く。

いや、まいった・・・(泣
Markyの服もすぐに血の染みがついてしまうし、ベッドシーツもここ数日毎日洗濯である。
一体いつまで続くんだろう・・・・。ほ~っ・・・


さて、である。
昨夜、ダンナから電話があった。
”どうした~?なんの連絡もないけど~?”
なんだかいやに嬉しそうだ
ダンナは”100%落ちたな”と思って電話してきたのである。

合格したことを伝える。
『ええ~~~~っ!!本当に?冗談抜きで?マジ?ホントにホントに???』
何回おんなじ事聞くねん!( ̄へ ̄メ)ムっ!

しかも最後にはこうまで言ってのけた。
『日本人の人が裏で手まわしてくれたんじゃないのぉ~?』

うぬれ~っ!(ノ`⌒´)ノ ┫:・'.::・┻┻:・'.::・

これはあくまでも”Singapore Traffic Police”の国家試験である。
そんな事できる訳がない。
ま、4回目やっと受かったヤツには言わせておこう。
ふふ~ん!<( ̄^ ̄)>


- 写真今日のココ -

『ま~くん、返すでしっ!それはわたちのでしぃ~っ!』
またやってんの、アンタたち・・・( ̄- ̄)呆れ・・・d0051641_17334748.jpg
[PR]

by marky275 | 2005-12-11 17:10

ふふ~ん、一発合格~♪

懸賞 2005年 12月 10日 懸賞

ここ数日、ココの"ヒート"に振り回されながらも、目前に迫りつつある"免許の最終テスト”に精神的に追い詰められていた。

週頭には”Markyは免許なんかぜったい取れない”、”いや、人様の前で運転など大それたことをしてはいけないんだぁ~”、”もう免許なんか取れなくてもいいぃ~~~~っ”と、どんどんマイナス思考に陥り、食欲も落ち、あまりよく眠れなかったりもした。

なにを隠そう今日10日がそのテスト本番日だったのだ。
そしてお陰さまで”合格”。
バンザーイ!\(◇^\) (/^◇)/バンザーイ!

正直自信なんて”ぜんぜんっ”なかった。
しかし、Markyを応援し励ましてくれた数々のお友達、一生懸命教えてくださったインストラクターの先生たち、そしてできる限りの手を尽くして、助け舟を出してくださったY氏。
そんな皆さんに対して顔向けができないような無様なことはやるまい、”ただ落ち着いてやってみよう”と思った。

実は昨夜は食欲もなく、夜中3時に上階の人の音楽の振動音に睡眠を邪魔され、そのまま4時半まで眠れなかった。(だって4時半にやっと静かになったんだもん(怒
今日はベストのコンディションとは言えなかった。

だが、外は雨オンナMarkyにしては上出来の”まぶしいくらいの晴れ”。
よっしゃと軽く気合を入れ、着替えを始めた。
すると、いきなりぽんと頭に浮かんだのが、"今日のラッキー・カラーはなんだろう?”
普段はそんなことゼッタイに思わない。
気になったので、とりあえずちょこっとネットで検索。

ラッキー・カラーは"ワイン・カラー”。
アン・ラッキー・カラーは"ターコイズ”。

Markyはターコイズのキャミの上にブルー系の花柄のトップを着ようとしていた。
慌てて、それを脱ぎすて、ピンクのTシャツに薄手のワイン・カラーのジャケットを羽織る。
これでよし!(なにがいいのかと言う根拠はごく薄いが・・・)

時間はいつもより1時間早い。
雨後のせいで空気もいつもより新鮮な気がした。
ゆっくり深呼吸して、教習所に向う。

テスト前にまず約45分のウォーミング・アップをする。
今までにないくらいいい感じで、全てスムーズにできた。(気がする)
しかしこれはまだ本番ではない。

本番直前のテスト・ルートの抽選でテスターも決まる。
ルートは5番でテスターは”ムライさん”という細身で小柄なインド系の優しそうなおじさん。
しかしその眼光はするどい。

テストが終わり車を降りると、ムライさんが”ではオフィスへ”と言う。
そこで”合否”の即時通告を受ける。

ムライさん、”サーキット内は何も言う事はありません。よくできました。しかし、路上でのあなたはカーブを曲がる時少しスピードを出し過ぎます。それを注意してください。いいですか、くれぐれも安全運転ですよ。”

そして”合格”の欄にOKマークのチェックをサインしてくれた。
”え、合格?”と思わず聞いてしまうMarkyにムライさんは大きくうなずく。

”ええ~~っ、合格ですか~???ごうかくぅうううう~、うえ~ん・・・・(/□≦、) ”

いい歳して思わず泣いてしまった。。。
ムライさん、びっくりしてなぁ~、あはは。。。
もしかして、また”伝説”作っちゃったかなぁ~。
ただでさえ急ブレーキで思いっきり”アクセル”踏むオンナMarkyなのに・・・(v_v。)

ま、とにかく、合格だよd0051641_1834032.jpgd0051641_184787.jpg~!今日はめでたい!


- 写真今日のココ -

今日は一足お先に”めでたいづくし”をお届け~♪
Special Thanks for Apigon gunsou & Yu san
 
『あたちは・・・もういいでし。ノーコメント!』
[PR]

by marky275 | 2005-12-10 18:04

初ヒート

懸賞 2005年 12月 05日 懸賞

来た!

とうとうココの初ヒートが来た。
ここ数日の変化と言えば、食欲が落ちた事とものすご~く甘えっ子になったことか。

その甘え方がチョー過激(?)で、こっちが何をしていても何を言っても、『かまって、かまって!ゼッタイ今かまってでしぃ~~~っ!!!』と前から両手で首ねっこにかきついて、有無を言わせぬ強引さで口元をべろべろ舐めてくる。
猫派だった頃のMarkyはわんこのぺろぺろが苦手だったが、さすがに今ではかなり慣れたはずだ。
慣れたはずだが、その勢いは半端じゃない。

『分かった、分かった~!分かったから、やめろぉ~~~っ』\(-"-)/マイッタ

完全お手上げ状態で、とにかくゼッタイに抱いてやるまでぺろぺろ攻撃を止めようとしない。

ま、なにわともあれ、めでたい。
お赤飯炊かなきゃね、ココ。


- 写真今日のココ -

『わたちもレディーのお仲間入りでし、ちょっとおしとやかにするでし・・・zzz』(鼻ちょい研ナオコ風ですが・・・)
d0051641_2357194.jpg
[PR]

by marky275 | 2005-12-05 23:36

目覚めよ、ココ

懸賞 2005年 12月 04日 懸賞

さて、皆の者皆さん今日はなんの日かお分かりだろうか?

『燃えないごみの日』じゃないよ!
”Markyの誕生日”なのである。
うれしくないけどね、ぜんぜんっ・・・(欝

息子からは昨日(今日はでかけないだろうつ~事で)ケーキを買わされ(当然、全自腹)イスラエルのダンナからは花束が贈られてきた。
しかも”ボク、忘れてないからね!”というメッセージ付き。

昨夜の電話でも”お誕生日おめでとう。ボク、忘れてないからね。本当は1日早いけどボク、ゼッタイに忘れてないからね”と、くどいほど"忘れてないんだ~”という言葉を何度も強調するダンナ・・・。
別にいいよ、忘れてても・・・。
こっちは忘れたいくらいだし~・・・あ~、つまんない(激欝


さ~、ココの話でもしよう。
突然だが、ココのお気に入りのテレビは"ポチたま”である。
たくさんのにゃんこ、わんこは勿論”まさおくん”の事も大好きだ。

しかしそれよりも気に入ったモノができた。
それは"カンガルー”。

初めてテレビでカンガルーをみたココの反応はすごかった。
いきなりテレビに跳び付いたもんね~。
常々カンガルーに似てるな~とは思っていたが、本人も自覚したかなd0051641_18313562.jpg~?(笑


- 写真今日のココ -

『・・・これは食えるんでしか?』 ダンナからの花束の前にて
[PR]

by marky275 | 2005-12-04 18:16

ありがとう、はずはずさん

懸賞 2005年 12月 03日 懸賞

今日は夕方、はずはずさんがドッグランに連れて行ってくれた。

はずはずさんが電話をくれてから、ココは俄かに落ち着きがなくなった。
どうやら”ドッグラン”という言葉も覚えているようだ。

くぅ~ん、くぅ~ん・・・、らうらうらっ!がうがう~っ!
何度も何度も催促される。

はずはずさんが来た。
我が家の車の音が分かるココは、玄関にすっ飛んでいく。

少し時間に余裕があったので、軽くお茶をして出かける。

玄関を出た途端、ココはちゃんと自分から駐車場へ向う階段へとトコトコ足を運ぶ。
う~ん、”はずはずさん=車”って事も分かっているようだ。

ドッグランでは新顔のわんこ達がたくさんいた。
その中1匹、フレンチ・ブルドッグに好かれたココは、散々追い回されていたが、あまりのしつこさに途中でぶちぎれ相手に向って唸り、逆に追い回す。
ココはよく、もっと図体のでかい相手には体当たりをかましたりする。

結構、ココは”キレル女”なのである。
誰?今、飼い主に似たんだって言ったのは?d0051641_153914.jpg


- 写真今日のココ -

『図体がでかくてもちぃ~とも怖くないでしよ!ふふ~んでし♪』
[PR]

by marky275 | 2005-12-03 22:36

言うなっ!

懸賞 2005年 12月 02日 懸賞

ココはオーストラリア生まれ。

シンガポールに来て、我が家に来るまではきっと人間からは”英語”で話しかけられていたはずだ。
そんなココが一番先に覚えた"日本語”は100%これだろう。

『ごはん』

今ではごはんの””の字を聞くだけで素早い反応をみせる。

例えばココに向って”ココぉ~、ごはんにする~?”と言ってみる。

『ココぉ~!ごっ・・・』
”がしっ!”
『うっ・・・・』


オヤジの”めし、風呂、寝る”より短い。

ごはんの”ご”を口にした途端、ココのその長い手が口元に来る。

"みなまで言うなっ!がしっ!”

人間ならさしずめ、しぃ~っと人差し指を唇にそっと当てられるといったところだ。

しかし、ココにはそんな高度な技はできない。
なので両手でがしっ!
しかも、一気に全力で・・・・。

時々、Markyの口元に細く赤いみみず腫れがあるとしたら、それはココのせいである(泣


d0051641_21471463.jpg
- 写真今日のココ -

『わんこのみんな~、そろそろクリスマスでしね・・・。みんなはこんな目に合わされていない事を祈っているでし・・・・くすん』
[PR]

by marky275 | 2005-12-02 21:29

救世主去る・・・(泣

懸賞 2005年 12月 01日 懸賞

『やっぱりはそれはちょっと無理と言う事で・・・・』

(゚∀゚)~ガーン

そ~でしょうともっ!
だってアナタは"インストラクターのインストラクター”なんだから。。。

教習所での話である。
おととい声をかけてくださった日本人インストラクターのY氏。
どうやら教習所側に直談判して下さったようだが、やはりそれは規則的にできないという返事。
ま、当然と言えば当然だ。

それでもY氏はできる範囲で本当に親身になってアドバイスをして下さった。
ありがたい(TーT)

『インストラクターの事とかで何か困った事とかありませんか?』
(; ̄□ ̄)はぅ!・・・そ、そりは・・・言ってもいいんかぁ~?
Markyの一瞬の躊躇を見て取り、Y氏は続ける。
『言ってくださった方が、我々にとってもありがたい事なんで』

”そ、そですか?んじゃ~・・・・コイツが・・・・”

言っちゃ~った、言っちゃった♪♪~ <( ̄ε ̄;)>
だって、マジうざいんだも~ん(ばきっ

結局、Y氏に教えてもらう事はできなくなったが、やはり教習終了間近とあってシンガポーリアンのインストラクターの方も教え方に熱が入ってきた。
今日のインストラクターさんも、”覚えの悪いトホホ生徒”に一生懸命手取り足取り教えてくださる。
そんな必死の緊張感みたいなものがひしひしと伝わってくる。

にも関わらず、突然の”緊急ブレーキの合図”にびっくりして、きゃ~っとか言いながら思いっきりアクセル踏みこんじゃうこのオンナ・・・(トホホ

やばいな・・・マジ(汗


さて、今日のココのお散歩。
雲行きが怪しかったので家の近所で済ませることにした。
家を出た途端、向かいのシークの寺の2階から小学生くらいの女の子がこちらを見下ろして言う。
『きゃ~、かわいいわんこ♪』

その甲高い声に立ち止まるココ。
”ちょっと~、行くよ、ココ!”と声をかけながら、ココの視線を辿って上を見ると、いつのまにか窓という窓に子供や大人が鈴なりに・・・。
『わぁ~、かわいい!!』
『セクシーだわ~♪』
『素敵な犬ね~!』と親指立てて、ウィンクまでされる。

”あ、ありがとっ・・・(大汗”
笑顔で手をあげて感謝の意を表す。
照れるなぁ~・・・って、褒められてるのはあんたじゃなくて"d0051641_0423431.jpg”ですから~、残念っ!


- 写真今日のココ -

『ママりんっ!遊ぶでしっ!でしっ!!(強引・・・』
[PR]

by marky275 | 2005-12-01 23:53