「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

覚えてるねぇ~

懸賞 2006年 04月 29日 懸賞

相変わらず、午後3時過ぎから天気が怪しくなり、夕方には雷雨という天候パターンを繰り返すシンガポール。
まったく嫌になる。
しかも4月、5月と言うのは年間で一番気温が高くなる時期で”雨でしかも暑い”ときたひにゃも~うサイアク・・・。

なるべく涼しいうちにと、午前9時、ドッグランには着いたもののすでに暑い。
湿度がすごい。
ゼッタイ90%は超えてるな・・・(-"-;A

ココと一緒に走っているわけではない。
木陰でじっと立ってるだけで”じわわわぁ~~~っ”、汗がにじむ。

先客のシーズー犬3匹に”大歓迎”を受け、ドッグランに入った我々。
どろどろの足で跳びつかれ、Markyのジーンズにべったり足型が・・・おいっ!Σ( ̄ロ ̄lll) 
しかしドックランではこんな事でいちいち目くじら立ててはいけない。
このすぐ後、泥んこココに首根っこかきつかれ、胸元から泥だらけになってしまうのであるからして・・・(T△T)

しばらくして、先週ココを追いかけては尻にかじりついた”ちゃうちゃう”がやってきた。
ココはそいつを見るや否や、またしてもMarkyに飛び付きよじ登ってきた。

・・・・( ̄■ ̄ll) 

実はこの後、ココと一緒に”Simply Bread”までパンを買いに行こうと思っていたのだが、全身泥だらけ、しかも汗だくでは諦めざるを得ない。

ココは先週咬まれた事をちゃんと覚えていたんだな・・・。
意外なところに伏兵はいたもんだ。

イタ・グレのみんな~、ちゃうちゃうには気をつけるでしよ~(byココ)

d0051641_11323293.jpg


[PR]

by marky275 | 2006-04-29 22:11

思わぬドツボ・・・(反省っ

懸賞 2006年 04月 26日 懸賞

『戸籍謄本が必要ですね~』
うがっ・・・!Σ( ̄ロ ̄lll) 

Markyのリエントリー・パスが4月27日に切れる。
これはシンガポールサイドの出入国に関わる大事なパスで、これが切れると出国できるが入国できなくなる。
このパスはパスポートの後ろのページにスタンプを押し、有効期限年数を記入してもらうタイプのもので、パスポート自体有効期限が切れると新しいパスポートにトランスファーして貰わなければならない。
これがいちいち役所に行かねばならず、面倒くさい。

しかも今のパスポートは今年10月で有効期限が切れる。
その上、シンガポールから近隣諸国に遊びにいく場合最低6ヶ月の有効期限のパスポートが必要。
丁度残り半年、もったいないがこの際手間も考えて、新しいパスポートに更新してもらう事にした。

そう言えば、息子のパスポートも4月で有効期限が切れる。
パスポートの申請は本人ではなく家族でもできるので、なるべく足を運ぶ回数を最小限にとどめるべく、まず自分のパスポート更新を申し込みに行った際、同時に息子用の更新用紙を入手、4日後、自分のパスポート受け取り時、息子の申請用紙を出そうと計画。
”計画にぬかりなし!ふふ~んッ!( ̄^ ̄)”

ところが!
日本大使館の受付窓口で上記のような夢にも思わぬ言葉を言われたのである。

シンガポールでは在星届けを提出していればパスポートの更新時戸籍謄本はいらない。
もちろんMarkyはとっくの昔に提出済みだ。
しかし思わぬところに思わぬ落とし穴が・・・。

『息子さんのパスポートの場合、すでに有効期限が1週間前に切れてますからね~』

うっ・・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

うっかりMarky、4月と言うのは認識していたが日にちまでは見ていなかった。
大使館員の方は『どなたかご家族にでも取りに行って貰って郵送してもらってくださ~い』と呑気におっしゃったが、それはMarkyにとっては結構大変なことなのだ。

そりゃ歩いて行けるところに本籍地の役所があればいい。
が、うちの場合そうではない。
取りに行って貰うなんてそう簡単に誰にでも頼める事柄ではないのだ。
なんとか自分できないかとネットで調べたら、役所では郵送で送ってくれるサービスがあった。が、その支払い方法がなんと”日本の切手”

『んなもん、ここでどうやって手に入れるんや~!(ノ ̄^ ̄)ノ ┳┳ ┣ ┻┻ ┫ ┳┳』

結局、Markyパパに泣きを入れてお頼みすることに・・・。
手間を省くどころか、かえって人に迷惑をかけることになってしまった。
反省っ(-"-;A ...アセアセ

d0051641_23165471.jpg


”わたちはイメージガールでし♪わんこのみんな、元気ボーンはうまいでしよ~!”
(北海道は札幌ビール園のショップでゲット。ちゃんと両手で持ってます(笑)
[PR]

by marky275 | 2006-04-26 23:25

成分分析占いは当たってる!

懸賞 2006年 04月 24日 懸賞

ハナママさんのブログで↓な占いがあるのを知った。

成分分析占い
http://aym.pekori.to/uranai/2006/03/seibun.html

早速やってみた。

Marky の成分の分析結果

Marky の39%は下心で出来ています
Marky の29%は森の緑で出来ています
Marky の15%は黒酢で出来ています
Marky の4%は住宅ローンで出来ています
Marky の4%は餅で出来ています
Marky の3%は希望で出来ています
Marky の3%は圧迫感で出来ています
Marky の1%はやわらかさで出来ています
Marky の1%は酒税で出来ています
Marky の1%はホットドッグで出来ています

coco の成分の分析結果

coco の32%は絨毯で出来ています
coco の27%は契約内容で出来ています
coco の26%は水分で出来ています
coco の6%は尊敬で出来ています
coco の4%は洗剤で出来ています
coco の2%は圧迫感で出来ています
coco の1%は精神で出来ています
coco の1%は富士山で出来ています
coco の1%は灯油で出来ています

Masaki の成分の分析結果

Masaki の81%はいい加減な朝ご飯で出来ています
Masaki の12%は不良債権で出来ています
Masaki の4%はアメリカンな調味料で出来ています
Masaki の3%は自粛で出来ています

当たってる!Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

Marky の39%は下心で出来ています
coco の32%は絨毯で出来ています
Masaki の81%はいい加減な朝ご飯で出来ています

この3点はずばりそうでしょぉ~~~~っ!
皆さんもやってみて~♪

結果はここに報告するでしよっ!(byココ)
[PR]

by marky275 | 2006-04-24 23:49

ココ、己を思い知る

懸賞 2006年 04月 23日 懸賞

久しぶりのドッグラン。

日曜日の朝というだけあって、たくさんのわんこが集合していた。
小型犬から大型犬まで各種勢ぞろい。
小型犬がわらわらと集まってきては、お互いの匂いをかぎ合う姿はなんとなく滑稽で、昔子供の頃に読んだ童話”金のがちょう”を思わせる。

しかし、ココのやつはそんな自分に見合った小型犬には目もくれず、に盛んに大型犬に挑む。

『わたちに追いつけるもんなら追いついてみるでしよ~、ふふ~んッ!( ̄^ ̄)』

ドッグランの平和を乱す”アウトローココ”。
そして、今回ココは身をもって知るのである。

『速さは一番だが、持久力はだめだめな自分』を・・・

最初は調子こいてたが、疲れが出て(散々あっちこっちの犬にちょっかいだし走り回っていた)足元おぼつかず、とうとうチャウチャウにお尻を”がぶりっ”

”きゃい~~~~ん”(T△T)

勿論、傷にもなにもなっていないが、プライドは相当傷ついたようだ。
”ココ、ちょっかいもほどほどにね”

d0051641_20581267.jpg


”みんなぁ~、わたちの後に続くでし~♪”
[PR]

by marky275 | 2006-04-23 20:44

小ハゲのその後・・・

懸賞 2006年 04月 22日 懸賞

ココの背中の小ハゲがどうしても気になり、ネットで検索しまくった。
すると、生後9ヶ月のイタ・グレちゃんの背中のアップ写真が出てきた。

”うっ!うちと同じハゲ~~~~~っ!”Σ( ̄ロ ̄lll) 

しかもそのイタ・グレちゃん、なぞの背中の小ハゲに悩んでおり、その写真はネット獣医さんの指示を仰ぐべくBBSにアップされているものだった。
獣医さん曰く、まずは病院で皮膚を削って調べてもらう事をアドバイス。
その後イタ・グレちゃんは病院で診察を受け、結果”ブドウ球菌”による皮膚炎ということに落ち着いた。
おめでたいことにそのイタ・グレちゃんは抗生剤とまめなシャンプー(汗)で順調に回復中らしい。

そう、”ブドウ球菌”と言えばっ!
ひょうそ”・・・・( ̄ ̄ll)

あの悪夢のような痛みを引き起こす原因となるばい菌が、わんこにまでその触手を伸ばしてきているとは・・・・。
シンガポーリアンの先生から貰ったへっぽこ塗り薬など一向に効きやせぬ。

”ばい菌には消毒”

いつも耳掃除の時に使っていた薬が皮膚の洗浄にも使えると書いてあった事を思い出し、ここ2,3日、それをコットンに含ませそっとハゲを拭いてやっていた。
するとハゲの進行が止まり、あきらかに改善されている。
皮膚培養検査の結果が出るまで、しばらくはこれを続けてみよう。

d0051641_1631051.jpg


”じゅうべぇ~はゼッタイ渡さないでし~!”(ココ、”ブス子”になってるよ(笑
[PR]

by marky275 | 2006-04-22 16:33

女帝ティオ強し

懸賞 2006年 04月 19日 懸賞

今日は午後からYuさん宅にお邪魔。

家を出る時はぱらつく程度だった小雨が、Yuさんちに着く頃にはワイパー全開でも前が見えないほどのどしゃぶりに・・・。
”う~む、雨女にふさわしい豪雨だ・・・”フンッ!( ̄^ ̄)
完全に開き直りのMarkyである。

Yuさんちのコンドミニアムのゲートをくぐった辺りから、すでにそわそわと落ち着きをなくすココ。

そして久しぶりにぷりたんとティオに再会を果たした途端、お約束の・・・。

”ぷりっ!”
や、やりやがった、やっちゃいましたぁ~、このオンナってば・・・Σ( ̄ロ ̄lll)
Yuさん、ごめん(汗

ウレシうんちをした後もテンションはスーパーハイ状態。
ぷりんにココパンチをお見舞いしたかと思いきや、ティオとはトイレシートの上で、”ここはわたちのシマでしよ!”と縄張り主張の"仁義なき闘いおしっこ編”勃発。
そんなこんなでてんやわんやの30分が過ぎ去った頃、ようやく3匹が落ち着く。

いや~、相変わらずのお三方。
しかし今日の闘いでも”横綱ティオ、小結ココ、幕下ぷりん”の番付に変わりはなかった。
しかも今回、ココはティオに咬み付かれて、すっかり弱腰に。
たまたまその光景を土俵際で見ていたMarky。
その目にも止まらぬ素早い"咬み技”に、心底驚いたココの表情がおかしいのなんの。
そんなココを見下ろすティオの表情は・・・。

(  ̄^ ̄)>フんッ!わたちにタテつこ~なんて100年早いわよ~!

"女帝ティオ”の君臨はまだまだ続くのである。

d0051641_10301238.jpg


3人で"待て!”の姿勢。大変良くできました~♪
[PR]

by marky275 | 2006-04-19 23:49

ほっ・・・

懸賞 2006年 04月 18日 懸賞

”クッシング症候群”の可能性がありますね”

そうシンガポールの先生に言われた時は『?』ぐらいの気持ちだった。
英語でべらべら説明されても全部理解できる訳もなく、その時は『ふ~ん、そんな病気があるんだ~』と軽い気持ちで聞いていた。

Markyはとにかく胸のぷよぷよが気になっていたので、それが偽妊娠と言われてほっとしていた。
家に帰って、すぐ先生に言われた通り薬をやったりした。

しかしココはなんだか微熱が取れず、おしっこの回数がやけに増えた。
昨日など30分に1度の割合でトイレに行く。
たまたま1日1回飲ませるよう言われた薬を見て、手を止めた。
英語で書いてあるのでなんだかよくわからないが、"クッシング”という文字が入っている。

『やっぱりクッシング症候群なのか・・・?』

ネットで調べたら、けっこう大病である。
しかし、それらを調べる限り、主な症状が一致していない気がするのだ。
多飲多尿・・・確かにおしっこの回数は増えたが、量は多くなく、しかも全然多飲ではない。
左右対称の脱毛・・・背中のハゲも左右対象はまったく言いがたい。
お腹がふくれあがる・・・膨らむどころか凹んでるぞぉ~!

英語では聞きたいことも十分には聞けない。、
どうしても気になるので、日本人の先生の意見を伺おうと昨日電話をしたが、先生はお休みだった。
今すぐにでも診てもらいたい気持ちを抑えて、今朝予約を入れた時間にココを連れて行った。
ココの多尿は今朝はもうおさまっていた。

先生曰く、この年齢及び犬種でクッシング症候群が見られるのは非常にまれ。
しかも諸症状は一致しているとは思えないというご意見も頂いた。
ほっと一安心だ。
貰った薬も飲ませる必要はなく、はげの方もかび等ではないと判明。
先生は毛を抜いてそれを10日間ほど培養し、様子をみるとのことだった。

セカンド・オピニオンって大切だ。
変な薬を毎日、しかも半年間飲めと言われていただけに、本当に行ってよかった。

胸のぷよぷよは偽妊娠のよるもの、はげの原因はこれから調査ということだが、とにかく日本語で説明を心行くまで聞けてほっとした。
熱も平熱だそうだ。

シンガポールの先生は今回なんの検査もしなかった。
見るだけでクッシング症候群と安易に判断したのだとしたら、いままで信頼していた先生だけにちょっとショック・・・。

日本人の先生は他にもいる先生にMarkyが持ってきて薬を見せて、意見を聞いていたりもしていた。
そういう点でも何人か先生がいる病院の方が頼りになるとも思った。

とにかくよかったぁ・・・・

d0051641_14203782.jpg


”ふぅ~っ、病院ばっかりもういやでしよぉ~っ!”(ごめんね、ココ)
[PR]

by marky275 | 2006-04-18 14:22

偽妊娠だって・・・

懸賞 2006年 04月 15日 懸賞

偽妊娠
らしい・・・ココは。

偽妊娠とは想像妊娠とは違い、その気持ちと関係なく、体が勝手に妊娠した状態になる。
黄体ホルモンの長期分泌によるもので、ココはその黄体ホルモンのバランスが乱れているそうだ。  
昨夜、お乳のあたりに妙な形の腫れというか、なにかぷよぷよしたモノができているのに気がついた。
今朝になっても腫れはひいておらず、なんとなく不安なので本を調べてみた。
まず、疑われたのは『乳腺症』。
しかし赤く腫れてはいないし、触っても痛がりはしない。
やぱり専門家に診てもらった方がいいだろうと病院へ行く事にした。
背中の小ハゲがどんどんひどくなっていくのも気になっていたし、これはもう行くしかないだろう。

そして出た診断が『偽妊娠』。
小ハゲもホルモンバランスによるところが大きいらしい。
しかもこの小ハゲ、長期戦覚悟の治療となりそうだ。
                   
塗り薬、薬用シャンプー(T△T)、飲み薬、そしてお約束の注射を1発。

診察を終え、ココをダッコ紐に入れようとした瞬間!
"ボット"と、今までしたことのない”ゆるいうんち”が床に・・・・Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
しかもそれはゆるい故にシートやダッコ紐にも付着し、なおかつMarkyの指にもついている。

”おわぁ~~~~~っ!”

狭い待合室にMarkyの声がこだまし、しばし固まる。
”・・・・・や、やばいっ!今日に限ってな~んも持ってないよ~(汗”

頭真っ白、途方にくれるMarkyに"大丈夫?わんちゃん見ててあげるわよ”と、患者ならぬ患犬を連れた若いシンガポーリアンのお姉さんが声をかけてくれる。
ありがたいっ!(T△T)

ココを押し付けるようにお姉さんに手渡し、看護婦さんにティッシュを貰って、やわ糞を片付ける。
ティッシュの枚数に見合わないような大量の”やわ糞”をなんとか包み込み、床の片隅に置き、ココをダッコ紐に入れて、再びやわ糞片手に外へ出る。
ゴミ箱を探して歩いているうちに車の側まで来たので、とりあえず車に戻ってウェットティッシュで始末をする。

これでようやく落ち着いた。
もたもたしてはいられない。
ウェットティッシュを持ち、再度病院へ戻り、やわ糞が落ちたシートと床を今一度きれいに拭こうと病院のドアを押す。

するとそこには誰かが座っていた。
漫画にでてくる典型的なうんちの如き形で着弾したブツがあった床には、その人の連れたヨーキーが2匹、どっしりと座わっている。

・・・・Σ( ̄ロ ̄lll)
・・・ま、いっか。


そそくさとお会計を済ませ、お薬を貰って出てきた。

本日の教訓。
”犬猫病院のシートには安易に座る事なきよう” 

ちなみにココのあだ名は本日をもって、”うんちタレ蔵”改め”うんちモレ蔵”となった。

d0051641_18202869.jpg
[PR]

by marky275 | 2006-04-15 18:25

やっぱ雨女だよ~(泣

懸賞 2006年 04月 14日 懸賞

今日は祭日。

うだうだしている息子を残して、とっととココとドッグランへ行く。
天気は曇り。
涼しくてよかった。

しかしドッグランには人けがなく、10分ほどした頃、ダルメシアンを連れた男性が来た。
1歳のオスのダルメシアン。
見るからに俊敏で屈強そうな身体つきに加え、眼光鋭く、ココのお相手にはちょっと・・・と思っていたのはMarkyだけ

ココは”わんわん"吠え立てて相手を挑発しまくる。
しかしダルちゃんは意外にもおとなしかった。
ココのしつこいちょっかいにもほとんど応じず、わが道を行くといった感じである。

ココとダルちゃんのツーショットもなかなかうまく撮れない。
やっと撮れたのが下の写真だ。
思い切りピンボケでトホホな写真であるが、ダルちゃんが追いかけココが逃げる数少ない貴重な写真である。

30分ほどで車に戻り、帰り道ガソリンを入れにガソリン・スタンドへ。
ついでに洗車もお願いする。
すると、洗車を終えて車を拭いてる時に雨が振り出した。
窓を拭いてたおっさんが、おもむろに窓をとんとんと叩く。
”雨降ってきたからこれ以上拭かないよ~”
うぬれッ!(ノ ̄^ ̄)ノ ┳┳ ┣ ┻┻ ┫ ┳┳
とは思ったが、雨じゃ仕方ないか・・・・。

結局、その10分もしないうち土砂降りの雨になる訳で・・・・。
洗車したてのMarkyはバカをみる訳で・・・。
くっそ~!シンガポールではしばらく”洗車厳禁’だ。

d0051641_23542183.jpg


”ピンボケですが、臨場感と躍動感は感じられ・・・ませんか?(汗
[PR]

by marky275 | 2006-04-14 23:59

恐るべし午前9時のボタニック・ガーデン

懸賞 2006年 04月 13日 懸賞

”もぉ~っ、我慢も限界!今日は一人でバスで学校へ行けぇ~っ!”

早朝午前6時半、我が家に怒号が鳴り響く。
近所迷惑もいいところである。

子供の寝起きが悪いのはごく普通なことであろう。
Markyもそうだった。
しかし、ヤツは1度起きて朝ごはんを食べた後、そのまますたこらと寝室に戻り、なんと布団かぶって寝てしまうのである。
"いい加減にしなさあ~いっ!(ノ ̄^ ̄)ノ ┳┳ ┣ ┻┻ ┫ ┳┳
朝っぱらからMarkyだって怒鳴りたくはない。

そんな事がほぼ毎日繰り返され、いつもぎりぎりで支度をし、挙句忘れモノをする息子。
さすがのMarkyもこの史上最低の怠慢息子をなんとかせねばと、数週間前から”今度2度寝してたら車で送らないからね!”と宣言していた。

そして今朝、とうとうMarkyの堪忍袋の緒が切れた。

ベッドで爆睡中の息子のお尻にケリを一発お見舞いし、最後通告を叩きつけた。
バスで行ける時間の余裕はある。
しかし息子はと言えば謝るどころか”寝てて何が悪い”と開き直り、あまつさえMarkyを突き飛ばしたりする。

”ワタシ完璧にキレマシタ!”

そのまま息子を無視して、ココとベッドに潜り込む。
それを見た息子はさすがに諦めて家を出て行った。
外はすでに明るくなっており、息子一人で行かせても危険はないだろう。

ベッドに入ったもののあまりに腹が立って眠れない。
こうしていても仕方ないので起きる事にした。
家事雑事を終え、朝ごはんを食べてもまだ午前9時前。
外は少し薄暗くなっており、天候が怪しい。

しかし思い切って、ココとボタニック・ガーデンへ出かけることにした。
途中、小雨がぱらついたが、ボタニック・ガーデンは晴れていた。
雨女が珍しいことだ。

が、午前9時のボタニック・ガーデンはものすごいことになっていた。
幼稚園児や小学生低学年のお子ちゃまたちが至る所に野放しわらわらと・・・・。
”きゃ~っ、わんこぉ~!かわいい~!”
甲高い嬌声があっちこっちであがり、一斉に注目を浴びる。

さぞや怯えているだろう思い、ココを見ると、なんとこやつは!

”ぷりり~ん”

大衆の注目の中、堂々とう○ちを・・・。
しかも2度も・・・(-"-;A
その度にガキどもお子ちゃまたちのテンションも一層高まる。
そのけたたましい事と言ったら・・・。
その歓声とは対照的に引きまくるマレーの女先生達・・・・。

思いっきり中華な音楽で踊る太極拳のおばさん達の群れには引きまくるココは、子供に対しては案外平気なのだ。
これは常日頃息子による"教育”のせいであろうか?б( ̄- ̄)

d0051641_23105976.jpg


”zzzz・・・あ~、2度寝って極楽ぅ~♪ごめんでし、ま~くん”
[PR]

by marky275 | 2006-04-13 23:16