「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

北海道旅行④

懸賞 2007年 01月 22日 懸賞

次なる『ほっきょくぐま館』ではアザラシの視点からホッキョクグマを見られるカプセルに入り、さらにはホッキョクグマに襲われるアザラシの”生死を掛けた恐怖”を疑似体験できる・・・。
ではなくて、しろくまさんがかわい~く遊んでいる姿をものすご~く間近に見られるというファンタスティックな体験が目玉である。

もちろん、入り口では”滑り止めバンド禁止”のお約束。
へ~へ~、分かっておりますとも~お代官様。

夏場の最盛期にはこのカプセルには長蛇の列ができ、なんと待ち時間30分とか40分というディズニーランド並みのだるい現象も起こるらしい。
我々が行った時は、そこまで長時間ではなかったが、やはり並んでいた。
最後尾、アジア系と白人系の若い女性二人連れの後に続いておとなしく並ぶ。
前の二人は会話の感じからアメリカ人のようだ。
さすがに日本一人気のある動物園。
世界各地からたくさん観光客も訪れるのである。

7,8分かけてらせん階段をゆっくり上がっていくと、子供専用カプセルと大人用のカプセルにたどりつく。
我々の順番まであと4、5組のところでふと気がついた。
たった今、大人用のカプセルから出てきた女性二人連れの姿に見覚えが・・・。
あれはたしか我々の前に並んでいたあの外国人女性たちではないか?
どうも腑に落ちず、隣にいる息子に聞いてみる。

『ああ~、横入りしたんじゃない?』
ええ~~っ!?Σ( ̄ロ ̄lll) 

いくら外国人だってみんなちゃ~んとお行儀良く並んでる事くらい分かるだろう。
てか、横入りされた日本人も”ちゃんと並べよ!”くらい言えよぉ~!
順番抜かしされてる場合じゃないだろう!
コイツら、きっとバチが当たるぞ~!

なんて、一人キレてる間にいよいよ我々の番が来た。
どきどきわくわく♪でカプセルに頭を突っ込む。

あ、あれ?いねぇ~よ、な~んも!!!Σ( ̄ロ ̄lll) 

ぐるり見渡してもクマの姿はない。
肩透かしをくったような感じで一気にテンション下がりまくる。
このままクマが現われるまで待つという手もあるが、さすがにそれこそバチあたりもんだ。
しかたなく出る。
とても不本意な気分だ。
都合1分もいなかっただろう。

クマに襲われるどころかクマが寄り付いてこないと言うことはまったくの想定外。
あざらしの円柱水槽といい、クマのカプセルといい、なかなかチャンスには出会えないものなのだ。

とりあえず外からくまを眺めることに。
しかし神様だって我々を見捨てた訳ではなかった。
ここでは想像以上にすごいものが見られた。
2匹のクマが代わる代わるプールにダイビングし、水中でかわいくボール遊びし、上手に泳ぐ姿を目の当たりにすることができた。

そのど迫力とかわいさにはつい時間を忘れる。
冬のほっきょくぐまはものすごく活動的でただ寝転がっている姿勢だって夏場のあのだらけた雰囲気とは気合が違う。
見るものを飽きさせることなく、しかも外気温マイナス2度であることすら頭からぶっ飛ばしてくれるくらい楽しませてくれるのだ。

が、マイナス2度の外気温は確実にその恐るべし威力を我々に見せ付けたのである。
まずデジカメがやられた。
実家でバッテリーもフル充電、用意万端であるにもかかわらず、いざ動物園で写真を撮ろうとするといきなり予測不能の『バッテリー不足』のエラーが・・・。
館内では押せたシャッターが外ではまったくおりないのだった。

そして我々の身体にも深々とその脅威は襲い掛かる。
足元からじんじんと寒さが這い上がってくる。
気がつけば、日がかげり、ちらちらと小雪すら舞い始めている。

”う~~~~っ、さぶっ!(-"-))”
マフラー、帽子を置いてきた事を心底後悔し、自分のまぬけさを呪う。
これでマイナス2度は嘘だろう?
本当はマイナス10度くらいいってんじゃないの?
それくらいの体感温度だ。

あまりの底冷えにじっとしていられず、思わず歩き出す。
小獣館、タンチョウ舎、トナカイ等を見る。
ワピチなんてのもいる。
ワピチって何?
分かりやすく言うと、トナカイのようなもの。
親戚筋には間違いない。

そう言えば、タンチョウと言えば日本では相当ポピュラーな鳥だが、”タンチョウ鶴”って見たことない気がする。
いや、もしかして見てるか?
・・・、アザラシのこともあるし、調べてみよう。
関西では天王寺動物園にいるらしい。

・・・行ったことある。
が、見た記憶は一切ない。
ま、見てなかったことにしよう。

で、タンチョウは大きくて美しい鳥だった。
白地に頭の赤、そして黒くて細長い足、それら全てが絶妙なバランスで、まさに”日本の鳥”って感じだ。
見てよかった。


さて、ちんぱんじー館ではかわいいベイビー・チンパンジーがいた。
母チンパンジーはいままで出産の経験あるが、子育ては始めてという。
育児に疲れたのかドアの前で背中を丸めて腕を組み、じっと動かない母を子チンパンジーが
しきりに遊びに誘う姿にはじ~んとくるものがある。
母チンパンジーの背中に漂う、不安、拒絶、悲哀、焦燥感。。。
この母チンパンジーはかなりのストレスを抱えている様子が見てとれる。

ところで”オヤジ”はどこでどうしてるんだ、いったい?
チンパンジーの世界でも子育ては母親任せなのか~!?
がんばれ、母子チンパンジー!


時間も押し迫った中、次は”もうじゅう館”へ足を運ぶ。
この動物園は本当にすごい。
なにがすごいって”動物達がみんな生き生きとしている”こと。
トラたちはずっと雪の上を歩き回り、あたりをガンを飛ばしまくってるし、寒空のライオンだって、我々が近づくと”なんだよ~”という感じで顔をこちらに向けてくる。
ライオン様、さすがに雪の上は寒いのだろう。
百獣の王にしては安っぽい板の上に座られてはいるが、そのお姿は威風堂々としており、人間の方が”ライオン様に見られている”気になる。
そのライオンはなぜか一点を注視しており、なにかを待っている様子。
エサの時間ではない。

後で知ったのだが、ライオン様の営業時間は午前11時~午後2時という事になっており、みんなより一足お先に檻にお帰りになる。
あれは檻のドアが開くのを待っていたのだった。
そりゃ、寒いし辛いよね、アフリカ出身のライオン様には。。。

そろそろ時間は午後2時も過ぎ、いよいよペンギンのお散歩の時間だ。

ちなみにほっきょくぐまの写真はピンボケでOUTだった。
ムヅカシイね~、動く動物を撮るのは。。。。(汗

d0051641_2125260.jpg



*画像は美瑛の雪景色

<つづく>
[PR]

by marky275 | 2007-01-22 21:03

旭山動物園②

懸賞 2007年 01月 12日 懸賞

さて、次なるあざらし館ではあの有名な細い円柱水槽(マリンウェイ)を”ぬお~っ”と上がったり下がったりするあざらし君の姿を見て癒され、癒されついでにその決定的瞬間をも写真に撮ってやろうと目論んでいる。
ペンギンの恨みはあざらしで・・・。(意味不明)

さて、ここでも例の”滑り止めバンドはお取りください”の張り紙を発見。

・・・・(T△T)

ペンギン館を出て、よいこらしょっと装着して、またあっという間に取れと言われる。
確かに床の保護のためには滑り止めバンドは一番いけないものだろう。
頭では分かる。

が、・・・・正直辛い(T△T)

今回はやけくそで素直に従う。

さて円柱水槽の周りにはすでに人だかりができていた。
皆、カメラ片手にその瞬間を待っている。
そう待っているのだ!
待って、待って、ひたすら待って~~~~~!
癒し系あざらし様は実はとても気まぐれなお方だったのである。

5分近く経った頃であろうか。
”ずぉお~~~っ・・・・”
いきなり下からあざらし様が・・・。

うっ!Σ( ̄ロ ̄lll)

それはあまりにも突然であまりにも短時間だった。
シャッターをなんとか1回押せたか押せないかの数秒間。
とりあえず画像を確認する。
写っていた。
しっぽ”だけが・・・(-"-;

これは思っていたよりも難しいかもしれない。
しかも弾丸ペンギンに勝るとも劣らずというほどの難易度の高さ。
こうなったら一瞬たりとも気は抜けない。
カメラは常に構えたまま、あざらし様の次なる”お越し”を待つ。
待つ、待つ、死ぬまで待つぅ~~~~~っ!

あざらし様はそんな我々の厚い期待を知ってか知らずや、円柱水槽の上や下を思わせぶりにすすぃ~っと通り過ぎて行かれる。
そんな感じで気がつけば、10数分経ってしまったりする訳で・・・(汗

”もういいっか・・・、来そうにないしぃ・・・”

諦めてため息交じりに2,3歩後ろに下がったところに、ぬぅおおお~~~っ!
き、来たぁ~~~~!Σ( ̄ロ ̄lll) 

それっ!とカメラを構えたその前に、な、なんと目の前をバカ・カップルが思い切りかぶってやがる。

うぎゃぁ~~っ!決定的瞬間うぉ~~っ!(ノ ̄^ ̄)ノ ┳┳ ┣ ┻┻ ┫ ┳┳

歓声に目を凝らすと、なんとマリンウェイには2頭のあざらし様が同時に上がってきている。
とにかくシャッターを切る。

かなりの失望感と脱力感に襲われながらもカメラをチェック。
なにかしら写っている。
ビミョウな角度(カップルが邪魔ゆえ)から、
ビミョウに膨らんだ(ガラス越しゆえ)、ビミョウに顔が映っていないシロモノが・・・。
そして下の方の端っこには顔だけ写ったもう1匹のあざらしもどき・・・。


d0051641_19135221.jpg



”もういいっ!( ̄^ ̄) ”
ぶつけようのない怒りをかかえたままあざらし館を出て、外からあざらしを見る。

そう言えば、今まであざらしって見たことあったのかな?
本土の動物園によくいるのは”アシカ”であって”あざらし”ではない。
と言う事は、”初なまあざらし”を見れたということだけで儲け物ではないか?
そう考えたらすこし怒りも収まった。

ということで、シンガポールに帰ってから”本当にあざらしは本土の動物園にいないのか?”と調べてみたところ、確かに動物園にはほとんどいないが、水族館にはどっといらっしゃった。
大阪海遊館、鳥羽水族館、城之崎マリンワールド、和歌山アドベンチャー・ワールドetc・・・。
全部見とるっちゅうねんっ!!(ノ ̄^ ̄)ノ ┳┳ ┣ ┻┻ ┫ ┳┳

よし、次に行こう!

次こそ期待の”シロクマ館”だぁ~!!!


(つづく)
[PR]

by marky275 | 2007-01-12 19:14

旭山動物園①

懸賞 2007年 01月 10日 懸賞

腹ごしらえも済み、身体も温まったところでいよいよ旭山動物園へ向う。
動物園まではバスもあるが、我々はタクシーで移動。
まずはタクシー・スタンドへ。
空港から一歩外へ出ると、ひんやりとしたキレイな空気に”ああ~、今年も北海道に来たな~!”という気分が増す。
風がないので思ったより寒くない。

さて空港のタクシー乗り場で偶然にも我々の目前に現われたのは、
ガイドブックでもお馴染みの『モーモー・タクシー』だった。
ボディー一面の白黒ぶちホルスタイン柄はあまりにキュートで、しかもその目立つこと!(笑
いかにも”北海道”という感じで、更に雰囲気を盛り上げてくれる。
『こりゃ幸先いいわ~♪』
ドライバーの新開さんに明日の美瑛観光案内の申し出を受けるが、我々はあいにくネットで他のタクシーを予約してしまっていた。
今度は是非”モーモー”で!と心に誓う。


快晴無風の旭山動物園は、本当に暖かかった。
手袋もいらないかも~・・・?とまで思わせる陽気で、お日様もさんさんと輝き、青く高い空がすがすがしい。

このお天気だけでもあり難いのに、動物園のチケット売り場で信じられない光景を目にする。

”入園料 中学生以下無料”

『・・・ってことは中学生ってタダですかぁ~???』
思わず売り場のおばさんに確認を取るMarky。
『はい、無料ですよ。』
『そ、そんなぁ~!取ってやってください~っ、コイツらから~Σ( ̄ロ ̄lll) 』
あまりに有難すぎてなんだか恐縮してしまう。

いくら日本一流行ってる動物園とは言え、太っ腹過ぎるぞ、旭山動物園っつ!Σ( ̄ロ ̄lll) 
今からでも遅くない。
頼むからバカ中学生から入園料取りなさい!

”頼むから、払わせてくれぇ~っ・・・(T△T)”
申し訳ない気分いっぱいで大人2人分の入園料を払って入園する。
先を行く息子の背中を見ながら、Markyよりガタイのデカイこいつが無料・・・!
ぜったい納得いかん!(-"-;
腑に落ちない気持ちが抑えられない。

ま、この問題はひとまず棚においといて、話を戻そう。


d0051641_1652417.jpg



なだらかな山肌に沿うように広がる旭山動物園は、平日のせいか意外に空いていた。
『うむ、さすがJTBのおねえさんの読み通りだ!』
感心しながら、まずは入り口近くにあるコイン・ロッカーに荷物を預け、準備を整える。
とにかく暖かいので帽子とマフラーはなくてもいいだろう。
しかし、風にはめっぽう弱いMarky。
イヤー・ウォーマーだけはしっかりと装着する。
これはゼッタイはずせない。

そしてもう1つ、大事な事を忘れてはならない。
靴に”滑り止め防止バンド”をつけること。
たまたまネットで見つけて購入しておいたものだが、これがものすごい優れモノだった!
値段の割りに見た目がなんちゃってだったので、ちょっと心配していたが、お陰で息子もMarkyも、どんなシャーベット状の道でも危なげなく歩けた。
これはもう必需品である。

近くに椅子が見当たらなかったので、仕方なくその場で腰をかがめて、ブーツの上から装着する。
ゴム製なのでのび縮みはするはずだが、それは常温(?)での話。
いくら天気がよいとは言え、気温1度や2度の世界では、これが結構な力仕事になる。
両足つけ終わって、立ち上がると一仕事やり終えたような疲労感が・・・(-"-;A
これが少々難ありと言えば難かな?
さ~、これで準備万端である。


まずは一番近くにあるペンギン館へ。
ここの呼び物はペンギンのお散歩、そして水中を弾丸のように泳ぐ姿がみられる水中トンネルである。
お散歩は午前10時半と午後2時半の1日2回で、我々は午後の部を見る予定だ。
まずは”泳ぐ弾丸ペンギン”を見にいく。

意気揚々乗り込むMarkyをいきなり入り口の係りのおばさんが制する。

『お客様、滑り止めバンドはここではお取りください。』

『え~~っ?Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン』
せ、せっかく今付けたところなのにはずせと言うのか~・・・!?
驚きと失望を隠せないMarkyにおばさんは優しく救済の手を差し伸べて下さる。

『もしくはこちらのスリッパにお履き替え下さっても結構です』
『おっ、じゃ~そうさせていただき~♪』

早速、脱いだ靴を下駄箱に入れようとするMarkyにおばさんが言った。

『お客様、お靴は中にお持ちください。』
ええ~っ・・・Σ( ̄ロ ̄lll) 

防寒用ブーツは意外にかさ張ってかつ重い。
しかし今更また履き替えるのも面倒だ。
仕方なく靴を持って入る。

狭いトンネルの中は人がたくさんいて、もちろん靴をちょっと置いておく・・・なんて場所などない。
片手に靴を持ったままデジカメのシャッターを押すが、いかんせんペンギンの速いこと!
何度かがんばってはみたが、諦めて観察に専念する事にする。

丸々と太ったペンギンがあっという間に頭上や足元をすり抜けていく。
地上のよちよち歩きからは想像できないかっこよさだ。

しかし、靴が邪魔だぁ・・・・(T△T)
靴を履き替える案に乗ったことをかなり後悔しながらトンネルを出る。

次はあざらし館だ。

<つづく>
[PR]

by marky275 | 2007-01-10 16:58

冬の北海道旅行’2006

懸賞 2007年 01月 07日 懸賞

ダルダル星人の攻撃からちょっと回復したので、いよいよ始めてみた。
(なにがいよいよなんだか・・・)
行くぞっ!
(だから何が・・・)

『Markyパパと行く冬の北海道旅行’2006』


12月15日(金)

土曜日の旭山動物園はイッパイですよ

JTBのおねえさんに脅されるように出発を1日早めた我々が、早朝5時半起きで向った先は関西国際空港。
我々が目指すは北海道は旭川。
この旭川も去年の函館同様、伊丹空港からの直行便はなかった。

そうだ!じゃあ~、神戸空港はどうだ?”と期待の新空港に望みを託してみたが、あっさりと裏切られる。
『ふんっ、使えね~な、神戸空港っ!』(ノ ̄^ ̄)ノ ┳┳ ┣ ┻┻ ┫ ┳┳
飛んでないものは仕方ない。

しかし、今年は天気には恵まれた。
予定通りタクシーで伊丹空港まで行き、そこからはリムジンバスで関空へ向う。
早朝6時半のリムジンバスなんぞガラ空きだろうと余裕こいていたら、なんと補助席まで総動員の大混雑。
みんな仕事しなよっ!Σ( ̄ロ ̄lll) (オマエもな~(汗)

午前9時10分、ほぼ定刻通り関空を飛び立った我らがJAL機は、マジで泣きたくなるくらい狭かった・・・(T△T)
2時間余座席に直角に座らなければならない刑”というものが、この世に存在するんだな。。。
もちろんサービスなんてありゃしない。
食べ物どころか機内放送&放映もなし。
エアアテンダントのおねえさん達が、通路でエアマスクの取り扱い方法のパフォーマンスを行うなんて、久しくご無沙汰していた光景だ。
そしてもう1つ、あ~んな”すっきり”したひじ掛けだけの座席も始めだった。
が、機内はチョー満席、そしてみんなの目的も同じであろう。


しかし天候には恵まれた。
天候だけには恵まれた。(くどい?)
追い風のおかげで飛行時間も30分短縮され、刑期は1時間半に減る。
閉所恐怖症で発狂寸前のMarkyにはこの上なくありがたい。

しかも恵まれた天候(ばきっ)のお陰で機内から見下ろす景色の素晴らしい事!
今年は暖冬のせいで北海道でも雪が少ないと聞いていたが、真っ白な雪のキャンバスに定規で書かれたような美しく正確な直線の道に沿って、お行儀よく点在するカラフルな民家の屋根がキラキラと浮かび上がって見える。
まさに晴天!
この景色を見られただけでも、今までの”責め苦”を帳消しにしてやろうという気になる。


午前10時45分、いよいよ旭川空港に着いた我々がまず一番最初に行ったのは、空港内の”ラーメン屋”
”早速かよ!?”
嘲笑混じりにこういうツッコミがあっちこっちで上がっている事と思われるが、我々の約2ヶ月に渡る綿密な事前調査で大変な情報をゲット。

”旭山動物園内に食べるところはある。が、とっても混む”。

しかもこの情報元は『旭山動物園副園長』なのだ。
これ以上確かな情報元はない、つ~くらい確実なものであろう。

冬の旭山動物園の閉園時間は午後3時半。
午後4時を過ぎればもう暗い冬の北海道では致しかたない。
とにかく時間が押せ押せなのだ。
少しでも時間は有効に使わねばならない。

で、始めに戻るが、いきなりラーメン屋ということになる。
”旭川ラーメン村”という心惹かれてやまない場所もあったが、そこまで行く時間がない。
がしかし、空港内のラーメン屋だからと言って決して軽んじてはならない。
これが結構おいしかった。
お腹もいっぱい、身体も暖まったところでいよいよタクシーで旭山動物園へ。

<つづく>

いや~、また長くなりそうだこの話・・・(-"-;A ...
[PR]

by marky275 | 2007-01-07 18:08

明けました・・・

懸賞 2007年 01月 05日 懸賞

みなさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

はっ・・・Σ( ̄ロ ̄lll) 
な、なんと、気がつけば、明けて既に5日も経っているではないか・・・(汗
ぼや~っとしている間にどんどん月日が経っていく。
まだまだ身体が”日本モード”から切り替わっていないな。。。


さて、我が家では3日から息子の学校が始まって”地獄の早朝6時起き”が始まった。
お陰で体調はものすごく悪い。
またかよ~・・・(爆

悪いと言っても、熱だとか咳だとかではなく、ただただ身体がだるい・・・。
朝からだるる~ん・・・。
”とうとうダルダル星人にやられたか・・・”
なんてアホな事まで考え始める程、脳みそまでだるい。

なにを隠そうこの原因はほぼ100%”早朝6時起き”のせいである。
小心者のMarkyは小学生の頃から”遅刻”という言葉が大嫌い。
というより、遅刻するという事態に”恐怖”すら感じている。

しかもその遅刻が自分ではなく”最愛の息子”にふりかかる災難(?)ともなれば、もう前の晩から緊張して寝れない。
寝付けない上に、これでもかと夜中に何度も目が覚める。
1時間おきに目が覚めている。
そして一度目が覚めると寝付けない。
真夜中の3時にココのうんちなんか片したりしている・・・(-"-;

こんな状態がもう3晩続いている。
身体もだるかろうって・・・(汗
恒例のボタニック・ガーデン早朝散策もわんこ2匹と言う事や、天気の悪さもあってまだ再開できないでいる。

昼は昼で何をする気にもなれず、かといって眠れもせず(息子出払い久しぶりの一人の生活に心はわくわく♪)、必要最低限のことだけをなんとかやり終え、後はなんだかだら~っとしている。

明日は学校がお休みなので、なんとかぐっすり眠れそうだが、しばらく身体が慣れるまで辛いなぁ~・・・。

あ~、北海道旅行のことも書かなきゃな~・・・。
今回もあったしハプニング・・・(-"-;A
[PR]

by marky275 | 2007-01-05 10:36