「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

戦う動物園(続編)

懸賞 2007年 03月 20日 懸賞

前座に激しい”格闘ショー”が繰り広げられていた会場は、午後8時、ようやく陽も落ち、楽しく和やかにアニマル・ショーが始まった。
約30分間、感動したり、びっくりしたり、ほんわかした気分にさせられたり、最後はみんな笑顔であった。

我々は次に日本語ガイドつきのトラムに乗るため、トラム乗り場へと移動。
日本語トラムは事前予約が必要で次のトラム発車時刻まで30分ほど余裕があったので、一旦園を出てフレッシュ・ジュースを飲んだり、土産物屋を覗いたりして時間を潰す。

さて、ガイドさんに言われたとおり日本語トラム乗り場に発車10分前に着いた我々。
トラムは既に9割方お客さんで埋まっている。
”うむ。さすが日本人。シンガポーリアンと違って時間にはきっちりしてるな~”

感心しつつ、前から2輌目に空席を見つけ、乗り込む。
このトラムは日本から修学旅行で来たと思われる高校生らしい男女が殆どを占めていた。
いや、騒がしい、騒がしい。
ひとりひとりが写メール撮るのに皆大忙しだ。

我々は1号車2輌目、座席は7列ある中の5列目。
前4列はキャピキャピ女子生徒がびっしり。
うしろには男子生徒が座っていた。

そうこうするうち、前車輌にいるガイドさんが立ち上がり何か言っているのが見えるが、とにかく前の女子生徒がうるさくてうるさくて全く聞こえない。

とうとうガイドさんが降り、我々のところにやって来た。
『アナウンス聞こえますか?』と聞くガイドさん。
きこえなぁ~イ』と口々に答える女ども。

おめ~らがうるさいから聞こえね~んだよ!”と思った瞬間、思わず前のやつらを指差しながら出てた言葉は、

『ここがうるさいから全然聞こえませんでした~!』

”し~ん”
一瞬にして静まり返る車輌内。

すると、前に座っていた女子の一人が『うるさくしてすいませんでした』と言い、皆静かにしようよと声をかける。

『うむ』、と腕を組みながら鷹揚にうなづくMarky。

ガイドのお姉さんも『静かにしていた方が動物達もそばに来てくれますから』と凍るその場をなごませながら、注意喚起を促す。
隣では下を向いて恥ずかしそうに苦笑いする妹・・・。
しかし、それからみんな静かだったぞ~。
みんな、ちゃんとお利巧さんできるんじゃないか~!

周遊後、トラムを降りて出口に向おうとすると、すぐ前にいた男子生徒の一人が立ち止まって両手を大きく広げて気持ちよさそうに伸びをした。

そして、後ろのMarkyに気がつくと、はっとしたように直立不動になって『すいませんでした、すいませんでしたっ!』とぺこぺこ頭を下げる。

”いや、いいって~、いいって~♪”
まいったなぁ~、こっちが恐縮しちゃうよ(笑

妹がまた苦笑いしながら、『すいませんでした、姐御っ!って感じだね』と下を向いてぼそっと言う。

こうして、気がつけば延々6時間を動物園で過ごしていた訳だが、内容が濃いかったね~(しみじみ
帰りには道間違えて、もうちょっとでマレーシアはジョホールまで行きそうになるし。。。

とにかく充実した1日であった。

注)みなさんに一言、Markyは基本的には”とても優しい人種”です。墓穴掘ってる?(-"-;A ...

d0051641_11314683.jpg


[PR]

by marky275 | 2007-03-20 11:32

戦う動物園(後編)

懸賞 2007年 03月 19日 懸賞

さて、時間も午後6時となり、まずは腹ごしらえ。
KFCで夕食を取る。
閉園時間も重なって店内は満杯だった。
10分ほど待ってまずは席を確保し、席取り後、息子と二人でオーダーに行き、妹親子は席で留守番してもらう。
オーダーの列もど~んと並んでおり、結局20分ほどかかった。

ようやく席に戻ると妹がむっとした顔で言う。
我々が座っているのにも関わらず、もう少しで席を取られそうになったという。
横を見ると『インド人一家』、しかも4人の席を取り囲むように大人子供含めてわらわらわらわら10数人いる。

テーブルとテーブルの狭い隙間にぼ~っと突っ立っていて、誠に鬱陶しいこと甚だしい。
その10数人でオーダーしたものはと言えば、コーヒー3杯だけ!
子供は無料のサトウをざらざらと口に流し込んでいる。
一番の稼ぎ時に店もいい迷惑だ。

気を取り直して食後、ナイト・サファリに移動した我々が最初にしたことは、8時から始まるショーを目指して、”並ぶ”ことだった。
まだ開始まで40分もある。
しかし息子の強い勧めで並ぶ事に。

『ここに既に並び始めている人の血液型はたぶん殆どがAだな・・・』などと思いながら4人で縦1列一番右端に並んでいると、開場間近に我々の横を無理やり押しのけて人が入って来ようとする。

家族が前にいるのよ』と言いながら、あれよあれよと言う間に中学生くらいの女の子2人とその父母4人がするすると我々よりも前へ行く。

それを見咎めたマレー人の女性が『あんた達ちゃんと並びなさいよ』と言うと、インドのおばはんは何やらオーバーなジェスチャー交えて逆切れで大声で言い返す。
マレーの女性のだんならしき人は『もうほっとけよ』と制止しようとするが、どんどん二人の言い合いが激化する。

そうこうするうちに開門され、列が動き出した。
歩きながらもののしり合う二人。

そして会場で座ってみれば、なんとおばはん一家は堂々最前列を陣取っている。
そして続くはその郎党達十数人。

あ~っ!あのインド人さっきKFCで我々の隣にいた傍若無人一族だ!( ̄ロ ̄lll) 

おばはんは大観衆が見守る中、立ち上がり数段開けて後ろにいるマレー女性に向って『文句があるなら今すぐここに降りてきなさいよ!とっととカタつけてやるから!』とこぶしを突き上げる。

無秩序と民度の低さをまざまざと見せ付けられ、せっかくの楽しいショーに水を差される。
小さな子供もたくさん来てるというのに。。。。

それからも開幕ぎりぎりまでおばはんの毒舌は続いた。

(つづく・・・になってしまった(汗)
[PR]

by marky275 | 2007-03-19 11:29

戦う動物園(前編)

懸賞 2007年 03月 17日 懸賞

先週の土曜日から妹と姪っ子(4歳)が遊びに来ている。
この1週間、ずっと買い物三昧だったので、今日は姪っ子メインにと、久しぶりに動物園に行く事にした。

夕方から出かけて普通の動物園を見た後、夕食を済ませ、そのままナイト・サファリに移行する計画だ。

夕方4時前のシンガポール動物園はまだまだ日が高く暑い。
しかも無風・・・。
暑い。。。(T△T)

わが身をも持て余すような強烈な蒸し暑さの上に、まとわりついてくる高体温の姪っ子。
絶望的な暑さに閉口しつつ、4時半からのアニマル・ショーを目指してとぼとぼ歩き出す。
場所を間違えたりしながら、ようやくたどりついたショー会場に最早座る場所はなく、仕方なくたって観戦することに。

しかもこれが”なんちゃって”もいいところの構成だめだめのへっぽこショーで、結局は大いなる時間の無駄でしかなかったのだが、実は陰で、ショーそっちのけの壮絶な闘い”が繰り広げられていたのだった。
そのお陰でショーが終わった頃にはMarky、妹、息子大人3人、妙な達成感と興奮に包まれていた。

ショー開始時間より早く並んで待っている我々の列に後ろから傍若無人に横入りしてくる数々の大人やくそガキ達。
そのクソガキ達に遠慮やルールと言う言葉は頭にまったくない。
そんな輩には言っても無理。
行動あるのみだ。

入れるスペースがあれば入れてもやるが、隙間もないし、とにかく暑いっ!

『暑いんだよぉ~っ!くっつくなってっ!(ノ ̄^ ̄)ノ』

強引にMarkyの方にせり出してくる7,8歳のなにやらベタベタしたお菓子を手に持ったガキを肘で押し返す。
『ママ~、入れてくれなぁ~い』
後ろを見ると、はるか遠くに親らしき姿が。

『そんなに見たかったら、おとといきやがれ!』(ノ ̄^ ̄)ノ ┳┳ ┣ ┻┻ ┫ ┳┳
こっちだって開始20分前に並んでるのである。
お腹を押し返したり、足で押し戻したり、スクラム組んで進入を阻んだり。。。
いや忙しいのなんの。
しかしどういう訳か強引かつ無理やりそういうことをしてくるヤツの100%がインド人なのはなぜ???(-"-;

暑いと人間は理性がなくなるな・・・などと思いつつ、3人それぞれの”戦いぶり”を口々に報告しながら、出口に向う。

<つづく>

・・・つづくって、北海道旅行もまだ続いてたっけ~・・・(-"-;A ...アセアセ
[PR]

by marky275 | 2007-03-17 10:23

旭山動物園④

懸賞 2007年 03月 08日 懸賞

いよいよ、いよいよ~、”ペンギンのお散歩”である。
午後2時15分前、我々は意気揚々ペンギン館へと向う。
”ペンギンがだぁ~っとお散歩を開始する瞬間を最前列でばっちり見るぞ~”

え?( ̄ロ ̄lll)

ペンギン館の最前列どころか既にペンギンのお散歩コースにはものすごい行列が出来上がっていた。

さっきまで閑散としていたのに、いったいこんなに大勢の人がどこから湧いてきたのか?
楽勝気分が一気に吹っ飛び、とにかく最前列を目指し行列の最後部を探す。
しかし行けども行けども人の波は続き、先が見えない。
どうやらペンギンのお散歩コースはかなりの距離があるようで、最前列で見ることはそう難しいことではないようだった。
歩く事5分、やっと最後尾にたどり着く。
我々の急ぎ足で5分だ。
よちよち歩きのペンギンがこのコースを歩くとなると・・・。
我々の目の前にお姿を現してくださるのは気が遠くなりそうな時間が。。。。(-"-;A ...アセアセ

午後4時には閉園する動物園。
2時を過ぎた辺りから日が翳り小雪ちらつく中、ひたすらペンギン様のご到着を待つ。
足元からじんじんじんじん冷えが確実に這い上がってくる。
思わずその場で足踏みをする。
午後2時15分を過ぎたが、いまだペンギン様の気配はない。
しびれを切らして偵察隊息子に伝令を出し、早速様子を伺いに走らせる。

息子はイエス・サーとばかりに、さっと身を翻して駆けていく。
『よかったな、息子!コロバンド着けていて!』
息子の後ろ姿にそっとつぶやくMarky。
コロバンド、やっぱり買ってよかったよっ、ありがとおっ!
思わず胸元でVサインを出す。

さて伝令息子の報告だ。

『ペンギンもう歩いてた。でもまだ15分はかかるかも~』

げっ、・・・Σ( ̄ロ ̄ll)
もう足先がきんきんに冷えて、感覚がない。
くつ用ホッカイロもがんばってくれているはずだが・・・(祈
それから15分、待ちに待った瞬間がやってきた。

スタッフの方が見守る中、ペンギン様が姿を現した。

きたぁ~~~~~~~~~っ!\(▽ ̄\( ̄▽ ̄)/ ̄▽)/♪

道端にしゃがんでここぞとシャッター・チャンスを待つ。

がっ!

あ、あれ~っ!!!
ウぎゃぁ~~~~~~~~~~っ!!!!
シャッターが下りな~~~い。o(T△T=T△T)o

シンガポールから持ってきたデジカメ。
長時間、冷たいマイナスの外気に晒していたせいか全然シャッターが切れなくなっていたのだ。
一瞬だけONになるが、すぐに電源が切れてしまう。
呆然とするMarkyに息子は『ママ、貸して!』とデジカメをさっと取り上げると、列の後方へ走っていく。

その目の前をペンギン達がひょこひょこ横切っていく。

だぁ~~~~~~~~っ、せっかくのシャッター・チャンスを~(T△T)

かわいいっ!
かわいいぞ!!!
かわいいが、残念だ。
あまりにも無念だぁ~・・・・(T△T)

パシャパシャと心地よいほどの音をさせシャッター切りまくる御満悦のMarkyパパ。
そしてただただ途方にくれるMarky・・・。
そこに息子が帰ってきた。
『はい、ママ』
デジカメには1枚だけペンギンの姿が写っていた。
『む、息子ぉ~~~~~~~~~っ、でかしたぁ~~~~(T△T)(T△T)』
本当に頼れる息子だ~ぁ!!(T△T)(←親バカ全開中)


日本一人気のある旭山動物園。
天候にも恵まれた。
思わぬハプニングに見舞われたものの、憧れの旭山動物園のメイン・イベントを目にし、まがいなりにも写真に収める事ができた。
最後の1個の”旭山動物園特製肉まん”もゲットできた。
撤収だ。

動物園前から出ているバスでJR旭川駅を目指す。
バスは満席で立たなければいけなかったが、なんとなく心がほっこりして不思議と疲れを感じない。

約1時間余で無事にJR旭川駅前のバス停に着いた。
我々がバスから降りて、歩き出そうとした瞬間、『きゃぁ~っ』、どっす~ん!
悲鳴と大きな物音が。

皆さん覚えているだろうか?
ほっきょくぐま館で順番抜かしをした二人の外人女性のことを。
なんと、あの二人のうちの一人がバスの後ろの車道脇ですってころりん。
道路の段差にしこたまぶつけたらしくわき腹を押さえたまま動けない。
もう一人が慌てて助けに行っていたが、Markyは思った。

『ほらね、バチがあたった・・・』

ちょっと気の毒なほど大きなバチだったけど、みんなも悪い事はしないようにね~(笑

我々はこれから宿泊先の”白金温泉”に行く。


<つづく>

d0051641_1441350.jpg
[PR]

by marky275 | 2007-03-08 14:04

御心配おかけしました

懸賞 2007年 03月 06日 懸賞

いきなりヤフーからクレジット・カードの不認証と、有料コンテンツの利用停止の通知が来て、”ここなつ・しーど”が停止されました。
ヤフーに問い質すと海外発行のクレジットカードを今後認めないと言う方針だそうです。
今まで何年も毎月きちんと引き落としされているにも関わらず、釈然としないものがありましたが、仕方ありません。
日本の口座から引き落とす方法に替え、やっとサイト復活です。

みなさんからたくさんのメールや果ては国際電話まで頂き、本当に御心配かけてしまいました。
ありがとうございます。
Marky復活でございます~♪
[PR]

by marky275 | 2007-03-06 13:14