「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

未来はどこに?

懸賞 2007年 06月 29日 懸賞

明日は息子の学校の"学園祭”。

クラスの出し物は何かと尋ねたら『コンピューター・ゲーム』という答えが帰ってきた。

『コンピューター・ゲーム???б(ー_ー;)』

クラスに何十台かのPCを置いて、それを1時間10ドルで売るらしい。

『なんかおかしくないか?б(ー_ー;)』

息子曰く、担任の先生の発案で、先生に言わせると”学園祭なんて必要ない時間の無駄だ”そうだ。

『う~ん・・・б(ー_ー;)』

Markyは思った。
こんな考えの先生に教育を受けたこの子達の未来には、いったい何があるのか?
その先にある未来や希望がどんどん薄れて色褪せて行く気がしてならないのは、Markyだけだろうか・・・。

”時代の流れ”というだけで片付けていいのだろうか?
なぁ~、シンガポーリアン達よ。。。

d0051641_15351956.jpg


”わたちもまー君の未来を考えるとついうるうるしちゃうでしよ~”
[PR]

by marky275 | 2007-06-29 15:38

思い込みだよ人生は(汗

懸賞 2007年 06月 19日 懸賞

お友達のブログにおいしそうな”ふかひれスープ”の写真があった。
しかも、ふかひれ、かにビーフン、鶏料理、魚料理、貝柱の野菜炒め、チャーハン&フルーツのセット・ディナーでお一人様60ドルと、とてもリーズナブル。

では我々も、と早速行って来た。
そして、ひょっとしたら、どうやら、多分、きっと”やっちまった”みたいだ。

何をって?(-"-;A

我々はそのブログをみて、そのお友達はてっきり夫婦二人で行ったと思い込んでしまった訳だよ。
そこに大~きなおお~きな”やっちまった”が。。。(-"-;

その店は有名なフカヒレ・レストランだった。
もちろん初めて行く。
席について貰ったメニューは全てアラカルト。
友達のブログにも”セット・ランチはなくてディナー・セットを出して貰った”とあった。

店のおばさんにとりあえずセット・ランチがあるかどうかを念のために聞いてみる。
『ありません』
うん、そうだろう、そうだろう、それは偵察済みだよ、キミ。
『じゃ、ディナー・セットは?』と聞いてみた。
すると、おばさんは『ありません』と信じがたい言葉を発するではないか。

ざけんじゃね~!こっちはとっくにお見通しよぉ~!
(ノ ̄^ ̄)ノ ┳┳ ┣ ┻┻ ┫ ┳┳

と言いたい所をぐっと押さえて、丁寧に聞き返す。

すると、おばさんは『ディナー・セットはありますが、6人様からです』とまたしても想定外の答えを返してくる。

どりゃ~っ!(ノ ̄^ ̄)ノ ┳┳ ┣ ┻┻ ┫ ┳┳
『んだが、私の友達は確かにここで食べただよ~!フカヒレとかにとあれと、これと~!んでもって一人60ドルだったべさ~!』

『いいえ~、そんなことはないと思います。それ確かにうちですか?』
『んだ、んだっ、ここだんべ!
o(>< )o o( ><)o O( > <)O』

『でもね、うちでは6人様からなんです』
『うっ・・・(-"-;』

よっぽどその友達に電話を入れようかと思った。
このまま席を立とうかとも思った。
しかし、飲み物はすでに来ているし、気分はすっかり食べる気満々。

とりあえず、メニューを改めてよくみる。
フカヒレ・スープは一人前Sサイズでも50ドル。
一人60ドルのノリで来ているのに、それじゃフカヒレ食べてチャーハンで終わりじゃないか(汗

結局、フカヒレではなくあわびを頼む。
それだって一皿50ドルだ。
他にカニのタイ風カレー、パンダン・チキン、貝柱と野菜の炒め物をオーダー。

あわびはとろとろのスープにぶつ切りがごろごろ入っておいしかった。
他の料理もそれなりにおいしい。
最後に出て来たカニのカレーはとっても立派で、これでSサイズなのか?と思うほどでかい。
スパイシーで辛かったが、これにはまった。
カニの肉がおいしいのだ。

Markyが夢中でかにをほじっていると、さっきのおばさんが来て言う。
『あなたのお友達、きっと"ラクラク”だったんじゃない?だからセットがオーダーできたのよ。ごめんなさいね。その代わりカニ・カレー、サービスでMサイズにさせていただきましたので』

『へ?そ、そ~っすか・・・。でも"ラクラク”って何?』
『さぁ~、私にもよくわからないわ~』
『へ?ま、い~いけど、んじゃごちそう様ってことで・・・』

何だかよくは分からないが、我々は店からサービスして頂いたようだ。

お値段は合計130ドル余。
ま、予算の一人60ドルくらいには落ち着いた訳だ。

帰る道すがら、ふと思った。
確かに友達のブログにはほぼ全ての料理写真付きで載っていたが、人数まで書いてあったか?

家に帰って早速ブログを確認。
一番始めに写っているフカヒレスープの土鍋の周りには小皿がひとつ、ふたつ、み、みっつぅ・・・、ぎょ~~~~っ!!
少なくとも5つは並んでるぞぉ~~~Σ( ̄ロ ̄lll)

ごめんっ、おばさん!

てか、"ラクラク”っていったい何っ?(-"-;A

今日の教訓
『思い込み それは恥かき 命取り』
うぎゃぁ~~~~っ(汗
[PR]

by marky275 | 2007-06-19 00:13

近況報告

懸賞 2007年 06月 17日 懸賞

近況その1 『ココその後』

ココは下痢は収まったが、まだ少し熱っぽい。
が、食欲ももと通りだし、遊ぶ気も満々。
しかしすっかり痩せてしまってかなり痛々しい(見た目が・・・)
全快までにはもう少しかかりそうかな。

その2 『Markyの右足指』

腫れはまだある。
痛みもある。
が、かなり改善しており、他の靴が履けるようになったよ~(≧∇≦)v

その3 『Markyの胃痛』

これもようやく収まった。
アニサキス容疑もあったが、なんとか治ったようだ。
今夜はすき焼き、久しぶりに肉を食べた~♪


最後は”最新近況”

バスタブに浸かりながら髪を洗おうと、シャンプーを手に出し蓋をパチッと閉めた途端、”ぷしっ!”。
はね返りが目を直撃!

『うっぎゃあ~~~~~Σ( ̄ロ ̄ll)』
シャンプーの原液がダイレクトに目に入った日にゃ~、どんだけ痛いかご存知だろうか、皆の衆?

あまりの痛さにとっさにバスタブの湯を目にかけて、再度大絶叫。
本日の湯は『唐辛子湯』だった。。。

この世に神はいないのか・・・(T△T)
[PR]

by marky275 | 2007-06-17 00:08

人犬共倒れ

懸賞 2007年 06月 14日 懸賞

以下は昨日の出来事だ。
ブログで書いた日記である。

-----------------------------------------------

何もそんなところまで一緒じゃなくていいのに・・・。

ココを今日急遽病院へ連れて行った。
午後から下痢を繰り返し、とうとう吐いた。
熱もある。

いくら飼い主の私が調子悪いからって、ココまでそうなるなんて~(-"-;A
付き合い良すぎだよ、ココ。。。

病院では注射1本打たれて、お薬を処方された。
注射のせいでぐっすり寝ていた。
が、ついさっき足元をつんつん突いて遊ぼうと誘ってきたりしてたので、もう心配はないみたい。
でもまだ頭がいつもより熱いよ。

明日には元気になってますように。
ついでに自分も(-"-;A


----------------------------------------------

ここからは今日の出来事。

昨夜、ココは夜中に1度トイレに起きた後、自分のハウスで寝た。
自分からハウスで寝るなんて、よっぽど体調悪かったのだろう。

朝、病院から貰った缶詰を湯で溶いてやる。
がつがつ食べる。
少し安心。

しかし、それからが大変だった。
全然落ち着きがなく、布団に入っても5分おきに起きて、トイレ(小)に何度も行ったり、所在なさげにうろうろしたり、じっと天井を見つめたり、壁のシミに鼻を近づけたり、家具の後ろの隙間を覗き込んだり。。。

午前中そんなココの後をず~っとついて歩いた。
水をあまり飲もうとしないので、砂糖水を舐めさせたり、顔を舐めてくる舌の冷たさにびっくりして、ココを抱き抱え30分くらいずっと全身を撫でさすったり。。。

昼過ぎ、やっと落ち着いて1,2時間じっとハウスで寝るようになる。
ほっと一息である。

夕方、催促されてエサをあげる。
あんまり不味そうな缶詰だったのとちょっとでも栄養をと、缶詰にかつおぶしをかけてあげる。
旨そうに完食。

夜、我々の夕食をいつも通りおねだりしつつ、普段のココになっていくのを実感する。
よかった~(T△T)

いや~、もう、自分が寝込んでる方がず~~~~っと楽だわ(汗

でもって、自分の体調は相変わらずで・・・。
胃痛は消えたが、今度は腰痛再発。
あ~、もうっ!o(>< )o o( ><)o O( > <)O
[PR]

by marky275 | 2007-06-14 23:03

骨折疑惑は闇の中

懸賞 2007年 06月 12日 懸賞

皆さんに背中を押されるようにして行って来た来た病院へ!

しかし、行く先を間違えたのか、Markyは??б(-"-;

言った先は我が家のホームドクター。
先生は話を聞いた後、患部を見てこうおっしゃった。

『う~ん、腫れてるね~。でも本当に折れてたら痛みがもっとあるから』
『はい・・・』
無駄金使う必要はないわ。』
『はい?』
『クリームあげるから、それを10分かけてすりこんで』
『は・・・10分っすか・・・(-"-;』
『はい、お大事に~♪』


足の小指の骨折は時として痛みや変色を伴わないもののある

・・・なんて口を挟む隙はなかった。

まあ、確かに痛みはそれほど強くはないし、歩ける事は歩けるし。。。
家に帰って早速クリームを塗る。

10分間

この10分がどんだけ長いか!!!
そして、10分後、どんだけ痛みが増したか!!!!Σ( ̄ロ ̄lll) 


いや、いい、そんなことは。

それより昼に食べた寿司屋のネタにあたったのか、お腹が痛いのなんのって!
お腹を下したのは1回きりだったが、10分おきに襲う胃痛に冷やあせが出る。
午後10時台、熱は37度と微熱だったが、痛みが増すごとに高くなってくる気がする。
結局夜中の2時まで苦しみに苦しんだ。

もう、骨折疑惑なんて完全に吹っ飛んだよ~ぉ(-"-;

お腹が痛~~~~い!(>_<。)


*ちなみに病院へ行く気はありません(ばきっ
[PR]

by marky275 | 2007-06-12 12:30

骨折疑惑その2

懸賞 2007年 06月 11日 懸賞

昨日の続きである。

温かいタイの人たちに見守られながら、マーブンクロン・ショッピングセンターで心置きなく買い物をし、ホテルに戻った。

風呂に入るとビリビリじんじん痛んだが、それもすぐに慣れ、『もしも骨折してたら、こんな痛みじゃ済まないもんな~』と自己診断にちょっと安心する。

というのも、Marky実は高校生の頃、左手小指にひびを入らせたことがある。
その時は時間が経つにつれてどんどん痛みが増し、まるで小指に心臓があるようにずきんずきんと痛んだものだった。

翌日、薬指の痛みもひき、小指はまだ紫色で腫れてたが痛みはかなり収まっていた。

そして最終日。
最終日と言えば、恒例、『空港でマッサージ』!!
そう、行ってしまったんだよ、このオンナは!(爆

新しいスワンナプーム国際空港は思ったより広~くて、しかも案内板が非常~に少なく、かつ異常~に見にくく、店の無愛想なお姉ちゃんに至っては『そんなマッサージ屋なんてない!』とまで言い切る使えないヤツばっか!
それでもゼッタイにあるはずだと信じ、執念で歩きまわって探し当てた。

マッサージメニューから選んだのは『フット・マッサージ60分コース』。
そう、よりにもよって『フット・マッサージ』を選ぶのだよ、このオンナは!(爆

見かけはタイの”KAT-TUN田中聖”、でも中身は”100%山咲トオルちゃん”というお兄ちゃんがつく。

足を洗う前、トオルちゃんに手招きし、『あのね、ここ。この指だけはゼ~~~ッタイに触らないで、怪我してるから』と重々言い含める。

紫のポーク・ビッツ・ソーセージ”を見て、トオルちゃんは”あ~あっ!”とうなずきながらにっこりと微笑んだ。
多少の不安があったが、なんとトオルちゃんはその指に触れることなく、上手にマッサージを施してくれた。
ありがとう、トオルちゃん♪

ここで足マッサージをしてもらうとしてもらわないとでは、シンガポールに帰ってからの疲れ方が全然違うのだ。


さて、帰国後、指の紫色は徐々にとれ、腫れはまだ残っているものの痛みもほとんど感じない。
やっぱ、たいした事なかったな。
そう思っていた矢先、いきなり痛みがひどくなってきた。

腫れがやっぱり気になる。
ネットで調べると、『足の小指の骨折やひびはあまり痛みを感じない場合もある』とある。

『むっ・・・もしかしてひびくらい入ってるか~?(-"-;』

とりあえず湿布をして寝たが、やはり鈍い痛みがある。
病院・・・行った方がいいか~???(-"-;A
[PR]

by marky275 | 2007-06-11 12:36

骨折疑惑?

懸賞 2007年 06月 11日 懸賞

・・・今、右足小指がパンパンに腫れ上がっている。

実は先週水曜日、バンコク旅行中、お友達にヤワラー(中華街)に連れて行ってもらった。
BTSの乗り換え駅で一旦電車を降り、1階下にあるホームに向う。
そのエスカレーターでの降り際、我々が乗る電車が既にホームに入っているのが目に入った。

その時、焦って勢い余りMarkyのまん前にいた女性の厚底靴に、右足先をしたたか打ちつけたのだ。

うっ!Σ( ̄ロ ̄ll) 』
一瞬、息がとまりそうなくらいの激痛が走る。
が、電車は待ってはくれない。
そのまま小走りで電車に駆け込む。

しかし!
しかしである。
痛みはその一瞬で収まったのだった。

そのまま何食わぬ顔でヤワラーに行き、約2時間、買い物したおし、タクシーでお友達とホテルに帰ったあと、息子と合流し一緒にランチをした。
そして、お付き合いくださったお友達とホテルロビーで別れた後、一旦部屋に戻った。

ずっき~ん
突然、思い出したように右足先に痛みが・・・(-"-;

ミュールを脱いでびっくり!
右足薬指の爪が半分はがれかけ血がにじみ、小指に至っては紫色に変色し倍くらいに腫れ上がっている。

よくぞ、この足でヤワラーのあの人込みの中、狭い凸凹道を2時間も歩き回ったものだ。
有森じゃないが、”自分で自分で褒めてやりたい”(ー_ー;) 

とりあえず、ホテルでバンドエイドを貰い、痛む指2本に貼る。
さっきまでの勢いはどこへ行ったやら、一転”びっこ”ひきつつつ歩かねばならない程、足は痛むのだ。

それでも、まだ買い物へ出かけるのだよ、このオンナはっ!(爆

息子はホテルで待っていると言ったものの、片足ひきずりながら出て行く母の哀れな後姿をみかねてか、ホテルを後にひとりBTSナナ駅へ向う私をあとから追いかけて来てくれた。

向った先はマーブンクロン・ショッピングセンター。
とりあえず、バンドエイドだけでは心許ないので、薬局を探して、包帯と消毒液を購入。
消毒液がなかなか通じなくて、すったもんだの末、半ば強制的に買わされたのは、日本ではとっくに販売禁止の”赤チン”だった。
もちろん使う気はない。

とりあえずベンチを探して、バンドエイドの上から息子に包帯を巻いてもらう。
しかしこの包帯、伸縮性のある留め金のいらないタイプで、しっかり患部を保護できるが、手で簡単に切れるシロモノではなかった。
なにか切るものとバッグを探すが、当然はさみなど持ち歩く訳もなく、とりあえず息子に『歯で噛み切れ!』と指令を出す。

たくさんの人が辺りを行き来し、4つ背中合わせに置かれたベンチも人でいっぱい。
そんな中、息子が必死の形相で包帯を噛み切ろうとしている。
しかし包帯はなかなか切れず、どんどん細く長く伸びて太い1本の糸のようになるばかり。。。
こうなったら、手でも歯でも切るのは不可能。
ドラえもんの手のようになるのを覚悟で、包帯1巻すべて巻ききるか~!?とやけっぱちな気分になる。

く~っ、どうするよぉ~っ!!
o(>< )o o( ><)o O( > <)O

そんな途方に暮れる親子の目の前に現れたのは、はさみを手にした白馬の王子、いやまさに”救世主”。
それはベンチの向かいにあるレストランのお兄ちゃんだった。

”あ、ありがと~~~~~ぉ!(T△T)(T△T)(T△T)”

はさみを借りて、包帯を切り、丁寧にお礼を言う。
いや~、本当にタイの人って親切だ~(T△T)

タイの人の心温かさに触れ、すっかりほのぼのとした気分になった。
息子はちょっと照れながら言う。
『ママは気がついてなかったかもしれないけど、ママの隣の隣に座ってた人なんか手にナイフ持って、いつそれを渡そうかって、すんごい気にしてくれてたんだよ~。
てか、周りじゅうみ~んな気にして見てたんだよ~』

うっ!本当にタイの人ってみんな親切だ~~~!(T△T)

Markyは心に誓った。
私ももっとタイに貢献した~い!』
とりあえずは”買い物”どんどんして外貨を落とすのだ。(ばきっ

と、そんないきさつがあった訳だ。

長いので後半に続く(明日ね)
[PR]

by marky275 | 2007-06-11 01:01

尊敬!土佐社長

懸賞 2007年 06月 09日 懸賞

今日はシンガポールのエスプラネードで”明和電機”のコンサート。
たった今帰ってきた。

いや~最高だねっ、土佐社長!(爆
実は結構好みのタイプなんだけど・・・。
吉本興業に属してるってのも、最近知った。
つ~ことは今回チケット完売でも、見入りは知れてるか~?(ー_ー;)
ま~、チリクラブでも食べてせめて少しはシンガポールを堪能してもらえればいいのだが。

件の社長の”バリバリ日本風イングリッシュ”でシンガポーリアンのハートもぐっと鷲掴みにし、会場は爆笑に次ぐ爆笑だったし、Markyも久しぶりにテレビ以外で大笑いさせてもらった。
本当にあっという間の1時間半。

お陰でグッズ売り場は大変混み合って見ることすら叶わなかったが、個人的には”サバオ”が好き(笑

今度は日本で”日本語”で見たいな~!

息子はノックマンが欲しいそうだが・・・。
[PR]

by marky275 | 2007-06-09 00:48